太陽光投資では、投資物件ごとにどのぐらいの利回りが期待できるのかという点が異なるため、物件選びではいくつかのポイントを抑えながら自分のニーズや希望に合った物件を選ぶことが必要です。太陽光投資の多くは、土地と太陽光発電設備がセットとして販売されている投資商品が多く、これを20年間のローンを組んで購入することが可能です。土地を持っていない人でも、最初にまとまった資金がない人でも、安定した利益が期待出来る太陽光投資なら、安定した利益を出すことができるので、安心して投資を続けられるのではないでしょうか。

 

そんな太陽光投資案件の中でも近年人気が急上昇しているのは、42円案件と呼ばれる分譲太陽光発電で、一つの太陽光投資物件を複数の投資家が小口投資によって共同所有するというスタンスとなります。この案件を取り扱っている業者は大手業者から中小企業まで多種多様ですが、人気がある案件なので、大手業者では見つけるのが難しいかもしれません。

 

どのような投資案件でも、安定した利益を手に入れるためには、案件選びではいくつか注意したい点があります。まず1つ目は、業者選びです。魅力的な条件という点だけに惑わされることなく、信頼できる業者の投資案件を選ぶようにしましょう。太陽光投資は、20年間という長い期間をかけてローンを組んで投資案件を購入し、利益も20年間にわたって得ることができる長期投資商品です。その20年間の間には、発電設備が故障したりメンテが必要になることもあるでしょうから、そうした予算のことも念頭に入れながら投資物件を選ぶことが必要です。物件選びの際に業者が歌っている利回りは、物件によっては10%を超えるハイリターンな物件もありますが、そのリターンにはメンテや修理などにかかる経費は含まれていないことを忘れてはいけません。

 

また、補償面をチェックすることも大切です。どんな新品に近い状態の設備や、大手メーカーの設備でも、故障する可能性はゼロではありません。万が一の故障では、物件に投資した所有者の自己責任で修理をしなければいけないので、投資物件の購入に際しては保証内容をきちんと確認しておくことがリスク管理となります。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!