太陽光投資は、リスクが低い投資商品として人気がありますが、どんなにリスクが低くても投資商品である以上、一定のリスクは伴います。100%リターンが保証されているというわけではない点は、どんな投資家でも理解しておかなければいけません。太陽光投資では、リスクを知っていれば回避してより安全な投資物件に投資することができますが、リスクを知らないと、うっかりハイリスクは投資物件を選んでしまい、最終的に失敗してしまうことになりかねません。

 

まず1つ目のリスクは、経年劣化のリスクです。太陽光発電設備は、最初に設置してから毎年少しずつではありますが、発電効率が低くなります。年間に数%とそれほど大きな劣化ではありませんが、古い発電設備に投資してしまうと、発電効率が良くないために期待するほどのリターンを得られないということになりかねません。新品に近い発電設備だと、投資商品としての価値が高いので初期費用は高くなりますが、発電効率を考えながら、あまり古い物件は選ばないほうが良いでしょう。

 

2つ目に、故障のリスクがあります。太陽光発電設備は機械なので、定期的なメンテナンスが必要となります。そうしたメンテナンス費用は利回りの計算には含まれていない諸費用となるため、その分も考慮しておく必要があります。発電機器が故障してしまうと、発電できなくなってしまい、利益を出すことができません。定期的なメンテナンスは投資家の責任となるので、その点はリスクの一つとして念頭に入れておきたいものです。

 

3つ目に、自然災害による全壊などのリスクがあります。これは、火災保険などに加入することによってある程度は回避できますが、例えば地震や津波などの自然災害によって太陽光発電設備が破壊されてしまうと、発電することができなくなってしまうために投資商品としての価値がなくなってしまいます。投資物件を選ぶ際には、そうしたリスクも念頭に入れて、リスクヘッジのために必要な保険商品に加入しておきましょう。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!