太陽光投資は、低リスクな投資商品として人気があります。この投資では、土地を購入し、そこに太陽光発電設備を設置することによって発電を行い、発電した電力を電力会社に買い取ってもらうという仕組みで利益を出すことができます。しかし、個人投資家の中には、土地もなければまとまった資金もないということは少なくありません。そのため、タイナビ発電所では、土地と太陽光発電設備がセットになっている投資物件を数多く取り扱っているとともに、自己資金が0円からスタートできる投資商品が充実しています。

 

太陽光投資を行う個人投資家の場合、ローリスクで確実な利益を出すことができるため、毎月安定した副収入を手にしたいという理由で太陽光発電をスタートする人はとても多く、投資物件の利回りによっては、現在抱えている住宅ローンの返済に充てることができたり、子供の教育費や老後の費用として貯蓄することも可能です。

 

この投資による利回りがどのぐらいになるのかについては、投資物件ごとに異なりますが、中には利回りが10%以上の魅力的な物件もあるので、そうした物件を選べば投資としてかけた費用を確実に回収することができます。太陽光投資の場合、最初にいくらの費用をかけていくらぐらいの利回りが期待できるのかをあらかじめ計算することができますし、その利回りから大きく外れるリスクが少ないという点は、大きなメリットと安心感につながるでしょう。

 

また、個人投資家の中には、ハイリスクでもハイリターンを期待したい投資家もいれば、リターンは少なくてもローリスクな投資を希望する投資家まで多種多様です。どのぐらいのリスクを取るかはその投資家によって異なりますが、太陽光投資の場合には、リスクが限りなく低いため、リスクがない安定した投資をしたい個人投資家には理想的な投資商品と言えるのではないでしょうか。個人投資家の中には、FXや株式などを行っている人もたくさんいますが、どうしてもリスクは高く、掛けた費用を回収できていない人が多いものです。しかし太陽光投資の場合には、掛けた費用を確実に回収できるだけでなく、リスクを抑えて安定したリターンを得ることができる点が、高く評価されています。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!



太陽光投資 サラリーマンなどの個人が投資するには

太陽光発電設備への投資というと、企業が乗り出すケースはもちろんありますが、サラリーマンなどの個人が投資という目的で行うケースも多くあります。株式投資などの場合には、自由に口座を開設して取引をはじめればよいのですが、太陽光発電の場合には、家庭用太陽光発電設備なのか、産業用太陽光発電設備なのかによって、電力会社からの買取単価や買い取り期間、買取りのメカニズムなどが大きく異なります。投資という目的で行うのなら、サラリーマンなどの個人でも、産業用太陽光発電設備を選択したほうが、安定した収入を長期間受け取ることにつながるでしょう。

 

サラリーマンとしての個人が太陽光発電設備に投資する場合、産業用太陽光発電設備ならまず最初に事業届などの法的な手続きが必要となります。個人で産業用の設備には投資できないので、自分自身で会社を作ったうえで投資をするという手続きですね。副業を禁止している企業の場合には、念のために上司や人事などに確認して許可を取っておいた方が安心かもしれません。

 

年間の売電収入がどのぐらいになるかという点については、発電設備の発電量によって大きく異なります。しかし、年間の売電収入が20万円以上になる場合には、確定申告をする必要があるので注意してくださいね。確定申告では、売電収入の金額だけを申告するわけではなくて、火災保険などでかかった費用や、メンテナンス費用に掛かった分、また初期費用などを差し引いた純利益のみを申告することになります。そのため、収入という点では年間20万円以上になるけれど、かかった費用を含めれば20万円以下という場合には、確定申告の必要がないということになり、ここに該当するサラリーマンはけっこう多いようですね。

 

また、発電量が50kw以上の大型設備へ投資する場合には、電気主任技術者を専任しなければいけません。自分自身で資格を取得するには時間がかかるため、契約してくれる有資格者を探すことになるわけですが、その場合にも費用が掛かるという点は覚えておいた方が良い注意点と言えるでしょう。

 

タイナビ発電所のさらに詳しくはこちら!