太陽光は、個人の投資家及び企業から注目されている投資商品です。株式投資や先物取引のような投資と比べると、太陽光投資はローリスクの投資として人気があり、リスクが少ない安定した投資をしたい投資家にとってはぜひおすすめの投資商品と言えるでしょう。投資というものは、どんな商品でも必ずリスクを伴っていて、万が一の場合には投資した費用を回収できない可能性も決して低くありません。リスクを避けたい投資家にとっては、最低でも投資した費用は回収したいわけで、そうした安定志向の投資家にとっては太陽光投資は、とても魅力的な商品と言えるのではないでしょうか。

 

太陽光投資では、土地と太陽光発電設備をセット商品として購入します。購入に際しては、ローンを組んで毎月の返済を行うことになり、これは投資におけるリスクとなります。しかし、発電設備によって発電した電力は、電力会社が買い取ってくれるので、これが発電収入ということになり、毎月のローン返済を相殺してくれるだけでなく、利益を生むことになります。これが太陽光投資で利益を得る仕組みです。

 

太陽光による発電は、発電設備が正常に機能していれば太陽の光を受けて確実に発電することができますし、電力会社による買取も、買取価格が少しずつ変動するとは言っても、最高20年間まで電力会社が買い取ってくれるので、確実な収入を得ることができます。天変地異が起きて太陽光が全く差し込まない状況になってしまえば、太陽光発電での収入がなくなってしまうリスクはあるかもしれません。しかし、太陽の光は確実に安定して得ることができるので、発電できるかどうかというリスクはそれほど考える必要はないでしょう。株式投資や先物取引のような投資だと、株価が下落すると投資した費用が回収できない状態になりかねませんが、太陽光投資の場合には、そうしたリスクが少ないため、安定したリターンを期待することができるのです。

 

この投資は、企業からも注目されています。安定したリターンが期待できるため、事業の安定化を図るために利用する企業はとても多く、毎月一定の利益を出すことができるということもあり、中小企業でも太陽光投資を採用するところが増えています。また、太陽光発電設備を所有することによって、節税や減税としても利用できるので、企業の税金対策としても活用できるわけですね。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!



太陽光投資家の勝算

家庭で消費する電力を少しでも賄うために太陽光発電設備を設置する人はたくさんいますが、投資として太陽光発電設備と向き合いたいという人も大勢います。太陽の光があれば確実に発電ができ、電力会社が買取を保証してくれている太陽光発電は、他の投資方法と比べるとリスクが低くて安定した利益が見込める投資商品として人気があります。

 

しかし太陽光発電の場合には、注意しなければいけない点がいくつかあります。まず買い取り期間ですね。電力会社が買取を保証してくれているのは20年間と限定されているため、その期間を超えたら投資としての意味がなくなってしまいます。物件を持っていても発電する電力を家庭で使うこともできなければ、電力会社からの買取利益も期待できません。そのため、売却という選択をする投資家が多いのですが、築年数がかなり立っている太陽光発電設備の売却は、意外と難しいという声は多いようです。

 

また、どのぐらい儲かるのかという点も、投資家にとっては気になるところではないでしょうか。太陽光投資の場合、最初にまとまった金額の初期費用が掛かります。投資として太陽光発電設備を購入する場合には規模が大きな設備を選ぶ投資家もいるため、数千万円というレベルの初期費用が掛かることもあるでしょう。現金でこの金額を準備できる投資家は少ないため、一般的にはローンを組むことになりますが、ローンの審査になかなか通らないという話はよく聞きます。どのぐらいの金額でローンが下りるのか、また毎月の返済はどのぐらいになって、どのぐらいの売電収入が見込めるからどのぐらいの純利益になるのかという点は、最初によく計算しておきたい部分ですね。

 

太陽光投資を行う際には、あらかじめ施工業者が毎月どのぐらいの売電収入と発電量を見込めるのか、シミュレーションとして計算してくれます。このシミュレーションは、統計に基づいて計算されているため、100%正確というわけではありませんがかなり正確ですね。もちろん、異常気象などがあって日射量が変われば発電量にも当然影響するので、投資としてのリターンも変わりますが、大体の目安という点ではかなり信頼できるデータではないでしょうか。

 

タイナビ発電所のさらに詳しくはこちら!