太陽光投資では、土地と発電設備をセットとして購入し、その発電設備によって発電した電力を電力会社に買い取ってもらう事で利益を出すことになります。太陽光が当たる場所なら発電設備を使って発電することはできますが、発電設備の発電効率や日射条件などはその物件ごとに異なるわけで、発電効率が良い物件や、日射条件がとても良い物件などは、投資をする際にも初期費用が高くかかることになるわけです。太陽光投資を取り扱っている業者では、多種多様な投資物件を取り扱っているので、一つ一つの条件をよく比較しながらどこに投資をするのか決めると良いでしょう。

 

投資物件をどんな基準で選べばよいのかという点ですが、一般的には利回りが何パーセントぐらいあるのかによって選ぶことになります。実際に一日の発電量を比較すると言っても、それぞれの土地ごとに日射条件などが異なるため、一定基準で比較することはできません。そのため、年間どのぐらいの利回りが期待できるのかという点を、過去の統計などから計算することで、その投資物件における利回りによる比較ができますし、物件の価格を決める要素伴っています。利回りが高い物件の方が、当然投資としては大きなメリットがあるわけで、ねらい目としては利回りが10%以上の物件を探すのがおすすめです。

 

利回り10%の投資物件というと、2000万円の物件に投資をすると年間で200万円の利益を出してくれるということになります。電力会社が発電した電力を買い取ってくれるのは最高で20年間までなので、20年間ずっと投資を続ければ、利益だけで4000万円を出すことが可能ということになります。これはかなり大きな利益なのではないでしょうか。ただし、発電投資商品における利回りを比較する際には、年間の利回りなのか、それとも投資期間20年間における総合的な利回りなのかを確認するようにしましょう。年利が10%の場合なら、2000万円の投資を20年間で4000万円の利益につながりますが、20年間トータル期間の利回りが10%となると、20年間で利益は2000万円ということになります。それでもかなりハイリターンで安定した投資商品なのですが、あらかじめいくらのリターンになるのかを計算するうえでは、この差は大きな違いとなるので注意してくださいね。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!



太陽光投資物件の探し方

太陽光投資をする場合には、まず最初に投資物件を探すことから始めることになります。全国各地に太陽光発電設備はたくさんあり、売りに出されている中古物件もたくさんあります。ロケーションや発電設備の築年数、発電量などいろいろな点を比較検討しながら、ニーズを満たしてくれる物件を探すことが必要でしょう。物件の探し方ですが、全国各地にたくさんの物件があるものの、やはり日射条件が良い地域にある物件の方が、より多くの発電が期待できますよね。四国地方や九州地方などにある物件は、日射条件が良いという点で投資物件としては人気が高く、そのためにかかる購入費用も他のエリアと比べると高めに設定されている物件が多いようです。

 

物件の築年数も大切なポイントです。パワーコンディショナーは耐用年数が10年程度なので、時期がくれば交換しなければいけませんし、ソーラーパネルについても年数がたてば少しずつ発電効率が低くなってしまいます。そうした点も考えながら、購入した10年後、20年後にどのぐらいの利益を出せるのかという点も考慮した上で物件選びをする事が必要と言えるでしょう。

 

はじめて太陽光投資をする投資家にとっては、どんなポイントを抑えて物件を選べばよいのか迷ってしまいますよね。そんな時には、タイナビのような一括検索見積サイトなどが便利です。たくさんの物件を比較したり検討できますし、どんなポイントで物件選びをするのが良いのかという点も詳しく説明されています。また、タイナビに登録している業者は、あらかじめタイナビによる厳しい審査に通った業者のみなので、すべて優良業者です。安心して業者選びができるという点もまた、タイナビのようなサービスを利用するメリットと言えるでしょう。

 

太陽光発電設備を取り扱う業者は全国にたくさんあります。それぞれ管理している設備が異なっていたり、管理方法なども異なります。できるだけ複数の業者からヒアリングを行い、比較しながらニーズを満たしてくれる業者を選びましょう。

 

タイナビ発電所のさらに詳しくはこちら!