再利用が可能な次世代型エネルギーを発電することによって収入を得ることができる太陽光投資は、個人投資家及び企業から注目されている投資商品です。太陽光による発電によって利益を出すことができるため、投資としてのリスクはかなり低いのが特徴で、確実な利益を出すことによって安定した利回りを実現することができます。しかし、どんなに安定したリターンが期待できる投資と言っても、投資ということは最低限のリスクを伴うことは理解しておかなければいけません。

 

まず太陽光投資のリスクの一つに、自然災害によるリスクがあります。太陽光投資では、土地と太陽光発電設備をセットとして購入することによって、土地を持っていなくても自己資金が0円でも始めることができる投資商品となっていますが、購入した土地や発電設備に関しては、ローンを組んでの購入ということになります。もしも自然災害などで発電設備が全壊してしまったりすると、発電収入を得るための設備そのものが機能しなくなってしまうため、その修復などの作業が必要となります。自然災害によるリスクはどんな不動産型投資でも同じですが、太陽光発電の投資商品に関しても、そのリスクを伴うことは覚えておいた方が良いでしょう。

 

このリスクを回避するためには、火災保険に加入するという方法があります。太陽光発電設備に対してどんな保険が適用されるかは保険会社ごとに異なりますが、多くの損保会社では、火災保険での対応となっていて、比較的リーズナブルに加入することができます。そのため、太陽光投資のリスクヘッジとして、火災保険に加入することはとても大切ですね。

 

太陽光発電設備のリスクはもう一つあります。それは、太陽光設備を使って発電した電力は、電力会社が買い取ってくれるという形で電力収入を得ることができます。これがこの投資商品における利益となるわけですが、電力会社の買取価格は毎年少しずつ変動しているため、数年後の買取価格が現在よりも低くなってしまう可能性はもちろんあります。買取価格が下がってしまうと、自然に発電収入が少なくなってしまうため、それがリターンの低下につながります。電力の買取価格は今後少しずつ低くなっていくだろうと予測されているため、この点は太陽光投資をする上ではあらかじめ理解した上で始めることが必要でしょう。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!