今注目されている投資商品の一つに、太陽光投資というものがあります。太陽光投資というのは、太陽光を使った発電設備に投資することによって、売電収入を得ることができるという投資商品で、空に太陽が昇る限りは確実な発電収入が期待出来るという、安定性が高い投資商品として人気があります。太陽光投資を行うためには、まず土地を持ち、そこに太陽光発電設備を設置することが必要となるわけですが、土地もなければ金もないという人にとっては縁がなさそうな投資だと考える人は少なくありません。しかし、タイナビ発電所を利用すれば、土地付き太陽光投資を自己資金0円でスタートすることができます。

 

太陽光投資では、太陽光によって発電した電力を、電力会社が買い取ってくれる売電収入を得ることができます。期間は20年が上限となっているので、太陽光投資は20年間の投資商品と考えると良いでしょう。その時の日射条件によって発電収入は多少変動しますが、あらかじめどのぐらいの収入が期待できるのかが分かっているという点は、投資という点から考えると金成のローリスク商品と言えます。また、タイナビを利用すれば土地がなくても投資できるというメリットがあります。これは、販売会社が土地と発電システムをセットとして販売しているためで、土地がなくても投資できるという大きなメリットがありますし、大手の信販会社を利用すれば合計2000万円までのローンを組むことができるので、自己資金がない人でもはじめやすいという特徴があります。

 

太陽光投資における気になる利回りですが、安定した収入、つまりリターンを期待出来る投資で、利回りは約10%以上と言われています。物件によって利回りは多少異なるので、投資物件を選ぶ際には毎月のローン返済額と利回りを考えながらの物件選ぶが大切ですね。個人投資家にも法人にもおすすめの太陽光投資は、副収入を得たいという人や、リスクがない投資で利益を出したいという人にピッタリの商品となっています。法人で利用する企業も多く、安定した収入源を確保することによって事業の安定化を測ったり、節税や減税の目的で太陽光投資を採用する企業もあるようです。

 

基本的に太陽光投資は利用するための収入制限などはありません。タイナビ発電所を利用している顧客の状況を見てみると、個人利用の場合には、世帯年収が500万円以上の世帯が全体の74%を占めていて、法人の場合には太陽光投資のための予算が2000万円程度の企業が70%を占めています。予算1億円以上という顧客なら24%いて、企業ごとにかける予算にばらつきはあるものの、予算が少なくても利用できる投資商品と言えます。

 

土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】公式サイトはこちら!



太陽光投資の仕組みとは

投資にはいろいろな商品があり、それぞれリスクやリターンが異なります。どのような投資にしても、できるだけリスクを低く抑えて大きなリターンを得たいですよね。太陽光投資は、ふりそそぐ太陽の光を使った投資商品となり、あらかじめ統計に基づいてリターンを予測することができるため、より安定した利益につながるというメリットがあります。株とかFXのように、意図しない市場の動きによって利益が大きく目減りしてしまったり、損失が大きくなりすぎて投資としては全くうま味がない、ということにはならないのが、太陽光発電の最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

 

太陽光投資では、太陽光を利用して電力を発電します。その際には、ソーラーパネルやパワーコンディショナなどの設備が必要となりますが、一般的には7年~8年程度で最初にかかった初期費用の元が取れると言われています。太陽光発電による電力をどのように利益にするのかという点ですが、これは電力会社が限定された期間で買取を保証してくれるという仕組みになっています。太陽光発電の場合には、家庭用太陽光発電設備として設置した場合には、買取り期間は10年間と短いのですが、この場合だと投資目的というよりも家庭で消費する電力を自家発電で補い、余った余剰電力を電力会社が買い取るという仕組みになるため、投資という点ではまとまった利益につなげにくいというデメリットがあります。

 

しかし産業用太陽光発電設備として投資をする場合には、発電した電力はすべて買い取ってもらうことができますし、買取り期間も20年間保証されているため、まとまった利益を期待できるというわけですね。これが、太陽光発電の仕組みとなります。この投資方法では、最初にどのロケーションに発電設備を設置するか、もしくは中古物件を購入するかによってどのぐらいの発電利益が見込めるのかが異なるため、ロケーションや物件選びはとても大切です。また、投資の際にかかるランニングコストは、メンテナンス費用や保険程度なので、ローコストな投資ができる点も人気の理由と言えるでしょう。

 

タイナビ発電所のさらに詳しくはこちら!