産業用太陽光発電とは、一般住宅以外の場所に太陽光発電機を設置して、電力を作り出すというシステムです。サラリーマンが自分の住宅にソーラーパネルを設置すると、それは産業用太陽光発電という扱いにはなりませんが、住宅ではない畑や空いている土地などにソーラーパネルを設置する場合には産業用太陽光発電という扱いになり、20年間発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことができます。産業用太陽光発電による副収入は、企業が投資目的で行う発電ビジネスとして注目されていますが、実際のメンテナンス作業などは全て販売会社に委託できるので、設置した本人がしなければいけないメンテナンス作業などは殆どありません。そのため、サラリーマンにとっては、何もしなくてもソーラーパネルを持っているだけで毎月収入が入ってくる副業として人気が急上昇しています。

 

サラリーマンの場合、フルタイムで仕事をしているので副業をすると言っても労働時間を作ることは難しいでしょう。また、公務員のように副業が禁止されているお仕事もあります。しかし産業用太陽光発電を設置することで得る収入なら、最初に設置するための初期費用が掛かりますが、その後は20年間にわたって収入を得ることができますし、その後は自宅の電力消費のために使うなど使用用途はいろいろです。また設置するパネル数が多かったり、発電量が多い場合には、将来的に第二の人生として発電ビジネスを始めることも夢ではありませんよね。

 

ただし気を付けたい点があります。サラリーマンの場合、産業用太陽光発電としてシステムを設置すると、電力会社からの買取単価が一般住宅用よりも安くなってしまうというデメリットがあります。また、発電量によっては一般住宅用として設置したほうが良い場合もあるでしょう。そのため、設置に関しては複数の販売店に相談しながら決めることが必要です。タイナビNEXTのような一括見積サイトを利用すれば、住んでいる地域に対応している販売店を見つけることができるだけでなく、相談も含めて見積もりを出してもらうことができます。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



サラリーマンのための産業用太陽光発電 その注意点は

産業用太陽光発電は投資物件なので、サラリーマンをして平日お仕事をしている人でも、投資商品として産業用太陽光発電を所有することは可能です。産業用太陽光発電の前には不動産投資としてアパート経営などがサラリーマンに注目されていましたが、産業用太陽光発電では空室リスクなどの心配がありませんし、基本的にはメンテナンスが必要ない投資なので、忙しいサラリーマンにはピッタリの投資方法と言えるのではないでしょうか。

 

サラリーマンが産業用太陽光発電へ投資する際には、いくつか注意しておきたい点があります。まず1つ目は、住宅用の太陽光発電ではなく産業用ということなので、個人事業主として開業したことを税務署に提出する必要が発生します。税金の申告は、売電で得た収入からメンテナンスにかかった費用を差し引いた額となりますが、職場の源泉徴収とは別に青色申告をする事になりますね。この際、65万円の特別控除を受けることができます。もしも、開業届を出さずに投資をしていると、見つかった場合には重加算税というペナルティが課せられるので注意してください。

 

どのぐらいの規模の産業用太陽光発電によって売電収入は異なりますが、もしも年間の売電収入から経費を差し引いた純利益が20万円以下の場合には、確定申告をする必要はありません。しかし、20万円を超える場合には確定申告が必要となるので注意してくださいね。投資を始めた年度は、設置にかかる費用等が多くなるため、純利益は20万円を超えないことがあるかもしれません。しかし、20万円を超える年にはきちんと確定申告することが必要です。

 

産業用太陽光発電のメンテナンス費用として計上できる項目はたくさんあります。まず、発電設備に対して賭けている保険料は毎年かかる費用ですし、定期的に行うメンテナンス作業もまた、費用として計上できます。減価償却はどのぐらいの年数で償却するかによって毎年の償却額は異なりますが、最初に決めておくと良いでしょう。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら