産業用太陽光発電は一般住宅用向けではない太陽光発電システムですが、どんな土地にも適しているというわけではなく、土地によっては適した条件やあまりお勧めではない条件などがあります。どんな土地に適しているかというと、まず日射条件はとても大切な要素と言えるでしょう。太陽光発電は太陽の光を受けることによって発電をするので、目の前に建物があって太陽の光が当たらないような土地では、ソーラーパネルを設置しても期待するような収支はないでしょう。適した条件は、できるだけ北面を除き、日差しを遮るような建物がない土地となります。

 

また、パネルを設置すると、その場所は他の用途に使うことができなくなってしまうので、ビルの屋上に設置するなら例外ですが、土地に設置する場合には土地の価格が安い事も条件と言えるでしょう。また、起伏が激しい場所は設置しにくいので、できるだけ平坦であることも産業用太陽光発電に適した条件となります。

 

地域によって天候や気候は異なります。九州のように夏が長くて晴天率が高い地域もあれば、北海道のように冬が長くて晴天率がイマイチな地域もあります。産業用太陽光発電は、晴天率が高い地域ほど適している発電システムです。雨がよく降るエリアよりは太陽が出る日が多いエリアの方がオススメですし、夏が短い場所よりは夏が長い場所の方が発電効率は良くなります。

 

条件は他にもあります。産業用太陽光発電を設置すると、電力のやりとりをするために電柱まで電線を引いたり、電柱がない場合には追加で設置する必要があります。それにかかるコストは企業負担となるので、できるだけ産業用太陽光発電を考えている土地のすぐそばに電柱がある方が、設置の際にかかる費用や工期を軽減することにつながります。

 

自然災害で地震が多いエリアは、産業用太陽光発電にはあまり適していないと言われています地震を受けることによって産業用太陽光発電そのものが破壊する可能性があり、投資のために産業用太陽光発電を設置する場合だとリスクが高くなってしまうためです。日本の場合、全国どこに住んでいても地震が起こる可能性は高いので、地震リスクがゼロの場所という土地はありませんが、そうしたことも考えたうえで設置を検討したほうが良いでしょう。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電 土地の条件とは

産業用太陽光発電は、基本的には10kw以上の発電ができる土地であることが条件として決められています。工場や倉庫などの屋根に設置することを検討しているのなら、広さとしては30坪以上確保できることが目安となりますね。また、空き地など使っていない土地に設備を設置する場合には、45坪程度あることを見込んでおくと良いでしょう。発電量の最低ラインは条件として決められていますが、上限は設定されていないので、使っていない土地や屋根を最大限に活用して売電収入につなげることが可能です。

 

産業用太陽光発電では、太陽光線によって発電するという仕組みが利益に直結します。日陰になりやすい土地よりも、日当たりの良い場所の方が、発電量は確実に多いですから、より大きな利益につながりますよね。そのため、どんな土地を選ぶかによっても、売電収入に大きく影響するということを理解しておきたいものです。

 

具体的にどんな土地が良いのかというと、パネルを設置する際に、できるだけ無駄なスペースを作らないように、土地や屋根の形はできるだけ長方形に近い方が良いでしょう。形がいびつだと、無駄なスペースが増えてしまいます。また、すぐそばに高い建物が立っていたりして、影にならない場所を選ぶことも大切です。特に朝日や夕日も発電においては重要なので、朝から晩まで影にならずに太陽光線をたっぷり受ける土地を選びましょう。

 

農地を産業用太陽光発電として活用することを検討している人は多いのですが、農地を使う場合には農地転用手続きが必要となるため、面倒です。できるだけ農地ではない土地を選んだほうが良いですね。また、観光地や保存地区など、景観条例指定を受けていない土地であることも確認しましょう。場合によっては、設置したくてもできないということがあります。

 

また、もしも中古物件を選ぶなら、全国のうち日射量が多い地域の物件を選ぶことをおすすめします。九州や四国地方などは、比較的日射時間が長いため、産業用太陽光発電の投資物件が充実していますよ。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら