産業用太陽光発電を設置する際にしっかり考えておきたいのは、メンテナンスに関するノウハウではないでしょうか。一般住宅用の太陽光発電の場合には、パネルの広さなどは限られていますし、住宅で使用する電力を賄いたいという目的で設置することが多いため、あまりメンテナンスに関するシステムを考慮する必要はありません。しかし産業用太陽光発電の場合には、投資のために太陽光発電を設置する企業も多く、いくらの投資をしたらいくらの収支が期待できるのかも含めてメンテナンスやシステム設計が必要となります。もちろん、かかる電気代を節約するという目的で設置する企業もありますが、同じソーラーパネルを設置する場合でも、設置する工法によってかかる工事期間が大きく異なりますし、初期費用にも何千万円という差が出てくることがあります。

 

また、産業用太陽光発電ではシステム設計も初期費用に含まれます。システム設計というのはメンテナンスに欠かすことができないもので、初期設置だけではなく保守運用のシステムと完備することによって長期間にわたって発電収入を得るビジネスにつながります。販売会社ごとにこうしたメンテナンスシステムについても費用に入っていることが多いのですが、もちろんカスタマイズして独自のニーズや希望に合わせたシステムにすることも可能です。

 

具体的に産業用太陽光発電のメンテナンスにいくらぐらいの費用がかかっているかという点については、ケースバイケースで異なります。産業用太陽光発電の場合には、モジュールの広さも100平方メートルと比較的小規模なものから1000平方メートルという大規模なものまで幅広くありますし、工法によって発電可能な電力が異なったり、メンテナンスのニーズも異なってきます。最初に設置する段階でそうしたメンテナンスに関する部分も販売会社とよく話し合って決めることが必要ですが、もしも分からないことが多くて相談しながら決めたいという場合には、施工例を多く持つ業者を選ぶと安心ですね。タイナビNEXTのような一括見積サイトを利用すれば、地域ごとに対応可能な販売会社を自動的に選んで見積もり依頼をすることができます。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電 メンテナンス費用はいくらかかる?

産業用太陽光発電は、発電装置は太陽光線によって発電をし、投資家が何もしなくても売電利益が見込めるという投資商品です。設備を最初に設置する際には初期費用が掛かりますが、その後は基本的にはメンテナンスなどはほとんど必要ありません。そうした点では、精神的なストレスが少ない投資商品と言えるでしょう。ただし、いくらメンテナンスフリーと言っても、産業用太陽光発電は機械なので、長い年月の間に故障したり修理が必要になることはあります。また、万が一の災害時に備えて、保険にも加入しておかなければいけませんよね。そうした諸経費はメンテナンスフリーの投資と言ってもかかってくるため、産業用太陽光発電へ投資する際にはあらかじめメンテナンスにかかる費用を予算に入れておくことが必要です。

 

メンテナンスにいくらかかるかという点ですが、設備の規模によって大きく異なります。設備に使われている部品の中には、10年ごとを目安に交換する必要のあるパワーコンディショナーなどの部品もあるため、そうした交換費用もメンテナンス費用として考えたほうが良いでしょう。メンテナンスは、投資家が実際に現場に行って行うわけではなく、専門の業者に依頼するのが一般的です。かかる費用は、設備を設置する際にかかった初期費用に対して、年間だいたい0.3%〜0.7%程度となっています。つまり、初期投資で1000万円かかった設備なら、年間にかかるメンテナンス費用は約3万円〜7万円程度ということになりますね。

 

その他に、保険料があります。保険料は保険会社によって異なりますが、設置にかかった費用の0.15%〜0.5%辺りが年間にかかることになります。1000万円の投資物件なら、年間15000円〜7万円程度と言ったところでしょうか。

 

産業用太陽光発電を購入する際には、設備の状態をよく観察してできるだけ部品の状態が良いものを選ぶようにしましょう。そうすることによって、部品交換などにかかるメンテナンス費用を最小限に抑えることができます。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら