産業用太陽光発電を設置する際には、いくつか注意点があります。太陽光発電は現在たくさんの企業に注目されている発電方法で、多くの企業や学校、病院が設置するようになりました。たくさんのメーカーがいろいろな商品をラインナップしているわけですが、太陽光発電の設置容量が増えたことによって、地域によっては出力制限が掛けられています。この地域では、発電した電力が余っても買い取ってもらえない可能性があるということなので、太陽光発電を設置する際にはそうした制限が掛けられている地域ではないかどうかを確認したいものです。太陽光発電には産業用と一般住宅用とがありますが、制限が掛けられるのは産業用が優先されてしまうため、設置の際には注意しましょう。

 

また、産業用太陽光発電を設置すると、税金面で優遇措置を受けることができます。しかし、設置することによって売電収入が入ってくるようになり、それに対して所得税がかかります。また、固定資産税などもかかり、プラスとマイナスを計算すると、それほど大きくお得になるわけではないという事態にもなりかねません。しかも、税金に関する手続きなどはかなりややこしくて面倒な作業になるため、税金面で優遇措置を受けるために産業用太陽光発電を利用しようと考えている人にとっては、あまりうまみはないかもしれません。

 

産業用太陽光発電のシステムを製造しているメーカーはたくさんありますが、それぞれの商品ごとに設置価格や利回りなどは異なります。初期費用だけを見ても、20キロワットタイプでは520万円〜770万円と大きな差がありますし、50キロワットタイプになると設置価格だけでも1700万円〜2200万円と大きな差が出てきます。利回りを比較しても、7%程度の所から13%程度と幅が広いので、設置する際には商品選びでも注意が必要と言えるでしょう。また、ソーラーパネルごとに重量も異なり、場合によってはかなりの重量になってしまうこともあるので、設置する場所についても検討が必要です。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電 設置の注意点 

産業用太陽光発電を設置する際には、いくつか注意したい点があります。まず1つ目は、どこに設置するのかという点はよく吟味しましょう。例えば、周辺に高いビルやマンションなどが建設される可能性はあるのかどうかという点は、とても重要なチェックポイントです。日向と日陰とでは、発電量に雲泥の差が出来てしまうため、収益率にも大きく影響します。

 

2つ目の注意点は、導入する発電装置やパネルによって発電効率は異なるという点です。中古物件に投資する場合には、経年劣化によって発電効率が悪くなっていないかという点も確認した上で、契約することが必要です。また、新品の設備を導入する場合には、できるだけ耐用年数が長く、発電効率が高いものを選んだほうが、収益率のアップにつながりますよ。

 

3つ目の注意点ですが、パネルの設置方法や方向によって発電力が異なるという点を理解しておきましょう。施工業者によって、設置方法が異なることは多いのですが、設置方法が変わると発電効率や発電量も変わってきます。多くの業者では、年間の発電量の目安をあらかじめ教えてくれるので、そうした点を比較しながら、どの業者でどんな設置方法を選択するのかを決めたいですね。

 

4つ目の注意点ですが、産業用太陽光発電は投資なので、初期投資にかかるコストと回収にかかる期間については、かならずあらかじめ計画を立てておくことが必要です。その際には、定期的にメンテナンスにかかる費用や、部品の交換や修理にも費用が掛かることを念頭に入れておきましょう。

 

5つ目の注意点ですが、かならず火災保険に加入するようにしましょう。産業用太陽光発電は、万が一の事故や自然災害などによって破損したり故障した場合には、保険を使って修理交換できる保険商品があります。加入していないと全額自己負担となってしまうので、安心料としてぜひ保険には加入しておきたいものです。大手の保険会社で取り扱っているので、ぜひ相談してみてくださいね。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら