産業用太陽光発電には、たくさんのメリットが期待できます。まず1つ目は、地球にエコな企業として評価が高まります。地球温暖化を食い止めるためには、家庭や企業、工場から排出される二酸化炭素の量を減らすことが必要不可欠ですが、産業用太陽光発電を採用することによって社会に貢献することができます。2つ目のメリットですが、太陽エネルギーは再生可能エネルギーなので、発電したけれど使わなかった分に関しては、電力会社が20年間を上限に買い取ってくれる制度があります。普段の電気代が節約できるだけでなく、発電状況によっては電気の買取という恩恵を受けることもできるので、経済効果という点でも大きなメリットがあります。

 

3つ目のメリットは、災害時や停電時に電源を確保できるということではないでしょうか。蓄電池を併用すれば、昼でも夜でも電源を確保できるので、電気が利用できない状況でも営業を全停止するリスクを回避できます。4つ目のメリットは、発電状況によっては売電事業を始めることも可能という点があげられます。これは発電するよりも消費電力が少なくて余剰電力が毎月発生するビジネスにとっては、電力会社が買い取ってくれる20年間という期間を過ぎても、売電事業をすればビジネスとして太陽発電を賢く活用できるのではないでしょうか。

 

一方、産業用太陽光発電のデメリットですが、天候に左右されるというものがあげられます。太陽光発電には太陽の光が必要なので、晴天が続けばそれだけ多くの電力を発電することができますが、雨や曇りの日で太陽の光が出ていない時には、発電量が少なくなってしまいます。季節や場所、その時の天候によって発電量が不安定になってしまう点は、太陽光発電の大きなデメリットと言えるでしょう。

 

また、設置にコストがかかる点もデメリットと言えます。産業用太陽光発電は一般住宅用よりも大規模なものが多く、コストもかかります。投資として設置を検討する場合でも、コストについてはよく考えたうえで決断したいものです。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電 投資のメリットとデメリット

産業用太陽光発電には、たくさんのメリットがあります。まず1つ目は、他の投資と比較した場合の安全性ですね。太陽光発電は、基本的に太陽が昇って日射すれば発電することができます。そのため、安定した発電量が期待できますし、電力会社が20年間にわたって買い取ってくれるので、安定した利益が見込めるというメリットがあるのです。

 

2つ目のメリットには、収益性に優れているという点があげられます。産業用太陽光発電投資における初期投資回収にかかる期間は、平均で7.5年と言われています。電力会社への売電は20年間なので、初期費用を回収した後はすべて利益が発生するということになるわけですね。

 

3つ目のメリットは、競合がないという点があります。マンションとか駐車場などへの投資は、周囲に競合物件ができると、その都度価格競争が発生して利益率が低くなってしまうというリスクがあります。しかし産業用太陽光発電の場合には、そうした強豪がないため、ストレスフリーな投資ができるのです。

 

産業用太陽光発電のデメリットは、災害などによって破損したり故障した場合、メンテナンス作業にコストがかかるという点があげられます。物件選びに気を付けることで、このデメリットをある程度は回避できますし、定期的にメンテナンス作業をする事によって、大きな破損や故障を未然に防ぐことが必要ですね。

 

2つ目のデメリットは、日射条件によって発電量が大きく影響されるという点があげられます。どんなに素晴らしい発電装置を設置しても、肝心な太陽光が降り注がなければ発電することは不可能です。天気が思ったよりも良くない年だったりすると、残念ながら収益率は低くなってしまいます。

 

3つ目のデメリットは、周辺にマンションなど高い建物が立つと、収益率が大きく影響を受けるという点です。マンションが建って日陰になってしまうと、発電量は下がってしまいます。そのため、導入する前に周辺に高い建物が立つ可能性があるかどうかという点はしっかりチェックしたいものです。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら