産業用太陽光発電には、メリットやデメリット、リスクがあります。導入する前には、これらをよく検討した上で、導入することが企業にとって賢い選択なのかどうかを決める必要があります。産業用太陽発電を利用すると、自然災害や計画停電の時でも、建物で電力を作り出すことができるので、営業を続けることができるというメリットが期待できますし、営業が全停止するのを防ぐことができます。しかしリスクとしては、建物が無事な場合にはこうしたことが可能ですが、地震や火災などによって建物が全損してしまった場合には、残念ながら発電機も稼働してはくれません。自然災害で建物ごと破壊されてしまうと、その後の停電時には、産業用太陽光発電を採用していない企業と同じように不便な状態になってしまいます。

 

また、産業用太陽光発電は、設置の際にはかなりコストがかかります。20年間にわたって発電した電力を消費しきれなかった場合には電力会社が買い取ってくれるという制度を利用できるので、企業によっては20年間の投資と考えて設置するところも多いようです。しかし、中小企業によっては、必ずしも設置が賢い選択になるとは限りません。設置の際にかかるコストと運用によって回収できる分をしっかりと計算した上で設置を決めることが大切です。

 

一般住宅用の太陽光発電の場合には、電力の買取は10年までと制限されていますが、企業の場合には20年までとなっています。そのため、20年を超えると電力会社からの買取がなくなってしまい、電力が余っても無駄になってしまうという事態になりかねません。ビジネスを長期スパンで考えた場合、20年と期間が限定されていることはリスク要素と言えるでしょう。もちろん、その間に発電事業や売電事業をスタートできれば、設置した産業用太陽光発電で大きな利益を出し続けることは可能です。注目されている太陽光発電は、メリットやデメリット、リスクなどを伴うので、設置の際には多方向から検討することが大切なのではないでしょうか。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電のリスクと注意点

たくさんのメリットが期待できる産業用太陽光発電ですが、もちろんリスクは存在しています。そのため、今後産業用太陽光発電を導入しようかなと考えている人は、事前にリスクについてもしっかり理解した上で導入に踏み切るようにしましょう。近年では、産業用太陽光発電はリスクがないとうたって投資家を募る業者も登場しているようですが、どんなに安全と思われる投資でも、リスクがゼロの投資などはありません。産業用太陽光発電の場合には、他の投資と比べるとリスクは圧倒的に低いため、業者によっては「ノーリスク」とうたう理由なのかもしれませんね。

 

産業用太陽光発電の1つ目のリスクには、災害による破損や故障などがあげられます。災害が起こっても、産業用太陽光発電設備が無事なら、電力を発電して復旧作業に役立てることは可能です。しかし、地震や火災、水害、竜巻などの災害によっては、産業用太陽光発電パネルや設備自体がダメージを負ってしまうことはあります。その場合、当てにしていた太陽光発電が使えないということになりかねませんね。また、破損や故障の際には、修復にかかる費用は自己負担となるという点も注意したいものです。

 

2つ目のリスクは、経年劣化です。どのような設備でも、かならず経年劣化します。産業用太陽光発電の場合、どのメーカーのどんなパネルや設備を導入するかによって、耐用年数は異なりますが、経年劣化に伴うメンテナンス作業や部品の交換などは、すべて投資家が負担することになります。

 

3つ目のリスクは、発電した電力の買取に関する制度が変わる可能性があるという点ですね。産業用太陽光発電においては、発電した電力は電力会社が一定のレートで買い取ってくれるというシステムとなっています。この買取りレートは定期的に見直されているため、現在の買取価格よりも将来的には低くなる可能性ももちろんあります。産業用太陽光発電を導入する際に、買取りレートがこのぐらいだから利益はこのぐらいかな、と捕らぬ狸の皮算用をしていると、将来的にレートが下がって利益が低くなってしまうリスクが発生してしまいます。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら