産業用太陽光発電は、企業にとっては地球や環境にエコな活動をしているということで社会的に貢献していることにもつながりますし、売電収入を得ることができるので、発電ビジネスとしても機能できるとても便利なビジネスプランです。しかしどのぐらいの発電収入が期待できるのかという点については、どのぐらいの面積のモジュールをどんな場所にどのように設置するかによって大きく異なるため、導入に際してはしっかりとシミュレーションをした上で設置を決めることが必要です。

 

また、産業用太陽光発電は初期費用が一般住宅用のものと比べると割高になっています。その理由は、設置する場所が工場の屋根やビルの屋上など設置に際して難易度が高い場所が多かったり、設置だけでなくシステム運用についてもメンテナンスシステムを導入する必要があるためです。そのため、50kw程度の発電が可能な産業用太陽光発電を土地と合わせて購入するとなると、数千万円という単位で初期費用がかかることも珍しくありません。

 

投資としては年利5%〜10%という利回りが期待出来る発電ビジネスですが、最初にまとまった初期費用が必要になるため、企業によっては導入したいけれど費用を準備できないということは多いものです。そこでおすすめなのが、全国に数多くある産業用太陽光発電に対する融資を行っている金融機関のサービスを利用するという方法です。金融機関でなくても、都道府県が産業用太陽光発電のサポート融資を行っていることも多いので、まずは公的機関からの融資を検討してみると良いでしょう。

 

公的機関からの融資を検討する場合、都道府県ごとに融資の条件や保障については内容が異なるので、ほかの都道府県と比較したり民間の金融機関からの借り入れも視野に入れて検討する必要があります。例えば北海道の場合、環境エネルギー対策資金として融資を受けることができますが、設置限度額は7億2000万円までと融資額はかなり高く、融資期間は15年までとなっています。担保などは必要ありませんし、保証も必要ないというのが特徴です。一方、秋田県の融資では、再生可能エネルギー導入支援資金として融資を受けることができますが、融資資金は2.8億円までと少な目です。担保や保証も必要になり、場合によっては連帯保証人を求められることもあるという特徴があります。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電の融資制度

産業用太陽光発電には小規模な設備〜大規模な設備まで幅広く投資物件がラインナップされていますが、ほとんどの投資家が最初にぶつかるのは、数千万円と言われている初期費用をどのように調達するか、という点ではないでしょうか。数千万円という費用を現金で払う事が出来れば、それが理想的なのでしょうけれど、そんな人はまれです。ほとんどの投資家は、融資を受けて初期費用を調達することになります。

 

産業用太陽光発電の初期費用を調達する融資先としては、大きく3つの選択肢があります。まず1つ目は、公的融資を利用するという方法ですね。日本政策金融公庫では、15年返済で低金利という抜群の条件で借りることができます。ただし、審査が厳しく、産業用太陽光発電は一応ビジネスという取り扱いになるため、事業計画書や返済計画書などの提出が必要となり、手続きは他の融資先と比べると少し面倒かもしれません。

 

2つ目の融資先は、銀行があります。銀行と言っても都市銀や信用組合まで多種多様ですが、産業用太陽光発電への融資にも対応してくれる銀行は多いですし、借りやすい方法と言えるでしょう。審査には時間がかかることが多いので、時間には余裕をもって申し込むことをおすすめします。

 

3つ目の融資先ですが、太陽光発電設備に特化したソーラーローンと呼ばれる商品を利用するという方法です。これは、オリコやセゾンなどの信販からラインナップされているもので、基本的には保証人や担保は必要ないという特徴があります。金利の面では高めですが、銀行や公的機関では審査に通らないという人にはおすすめの借り方と言えるでしょう。

 

産業用太陽光発電に投資するためには、まず最初に金融機関の融資を突破しなければいけません。株やFXなどのように個人投資家が気軽にさっと始められるわけではなく、産業用太陽光発電という事業に対する融資という扱いになるため、まずはいくら借りていくらずつ返済するのか、という点をしっかり計画書にまとめたうえで借りることが必要です。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら