産業用太陽光発電を検討している企業はとてもたくさんありますし、すでに設置して運用している企業も増えています。最近では学校や病院などの施設でも屋上に太陽光発電が設置されている所が増えていて、今後はもっと増えることが予想されています。太陽光発電には住宅用と産業用とがありますが、基本的な太陽光発電の仕組みは変わりません。一般住宅に設置する場合には、10キロワット以下の小さなタイプが設置されることが多く、余った電力の買取価格も産業用よりは高めに設定されているのが特徴です。一方、産業用太陽光発電の場合には、発電機そのものが大きく10キロワット以上の電力を作ることができるのが特徴で、施設やニーズに合わせてサイズを調整することができます。また、余った電力を電力会社に買い取ってもらう際にも、買取価格は住宅用は発電機と比べるとやや低めですが、買取り可能な期間が10年ではなく20年と長いので、投資として太陽光発電を取り入れる企業も少なくありません。

 

太陽光発電の今後はとても明るいと言われていますが、その理由はたくさんあります。例えば、自然災害などが起きた場合でも、建物に太陽光発電装置が設置されていれば、建物に電気を供給することができます。東日本大震災の時には、多くのエリアが長期にわたって停電になってしまい、人々の生活に大きな影響がありましたが、太陽光発電を使えば、建物が倒壊したりしない限りは電気を作っって使用することが可能となります。災害時にこそ、太陽光発電は大活躍してくれるのです。

 

また、太陽光発電は地球や環境にとってとてもエコです。太陽エネルギーは地球を汚染したりしませんし、再利用が可能なエネルギーなので、今後はもっと広く普及することが期待されています。地球の温暖化が懸念されている昨今では、一つ一つの企業がエコや環境のことを考えることによって、少しずつでも人間にとって暮らしやすい地球を作ることにつながっていきます。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



産業用太陽光発電の今後とニーズ

日本では、少し前から太陽光発電が注目されています。特に、東日本大震災のように大きな災害があると、電力が長期間供給されないということは珍しくありません。電力に頼っている私たちの生活は、電力がストップしてしまうと最低限の生活すらできなくなってしまうわけですね。そんな時、電力会社からの電力供給に頼らずに電力を確保することができる太陽光発電は、命をつなぐ大きな役割をしていると言っても過言ではありません。

 

家庭用太陽光発電設備だと、規模が小さいために発電できる電力も限られていますが、産業用太陽光発電の場合には規模が大きいため、そうした災害時には最低限の生活をサポートする電力を供給することができますし、地域住民にとっても役立つ存在になることは請け合いです。地震をはじめとする災害が多い日本では、特に産業用太陽光発電が注目されていて、導入するビジネスは急激に増えています。

 

そう考えると、産業用太陽光発電のニーズは今後ますます高まると言えるでしょう。産業用といっても、設備を設置できる場所の面積に応じて小規模なものから大規模なものまで幅広くラインナップされていますし、万が一の時の生活やビジネスを支えるという目的で導入するビジネスも増えています。

 

現在では産業用太陽光発電によって発電した電力は、電力会社が一定価格で20年間買い取ってくれるという制度になっています。しかし今後、より多くのビジネスが産業用太陽光発電を導入すると、もしかしたら買取価格は下がってしまうかもしれません。そのため、今後産業用太陽光発電を導入しようかなと検討しているビジネスは、利益率に関して買取価格が変動することも考慮した上で計画を立てることが必要です。

 

また、産業用太陽光発電も住宅用太陽光発電も、太陽光がなければ発電することはできません。つまり、天気によって発電量は影響されているのです。そのため、設置場所が影にならないか、方向はどうなのか、という点も良く専門家に相談しながら決めてくださいね。

 

産業用太陽光発電一括見積り【タイナビNEXT】公式サイトはこちら