一般住宅に家庭用太陽光発電を設置する場合には、その家庭ごとに年間でどのぐらいの電力を消費しているのかを考えながら、消費量をカバーできるような家庭用太陽光発電設備の導入がオススメです。家庭用太陽光発電で理想的なのは、毎月消費する電力を、自宅の家庭用太陽光発電システムによってカバーできるということで、消費するよりも発電量が少ないシステムを導入しても、電気代が少し安くなる程度で採算性という面ではあまり期待できなくなってしまいます。

 

家庭ごとに年間に消費する電力量は異なりますが、一般的な家庭における消費電力量は、約5000kw程度と言われています。つまり、家庭用太陽光発電を設置する際には、年間に5000kwを発電できるモジュールを設置するのが目安ということになりますね。設置するモジュールは、たくさんのメーカーから様々な商品がラインナップされていて、発電効率や価格が異なります。また、発電量はモジュールを設置する場所や方角、工法によっても変わるので、年間にどのぐらいの発電量が期待できるのかは、販売店に詳しく見積もりを出してもらう事が必要です。ネットをチェックすると、地域ごとの年間発電量の目安を知ることができるので、ぜひ参考にしてください。

 

ただし、気を付けなければいけない点があります。それは、販売会社ではあらゆる統計に基づいて発電量の見積もりを計算してくれますが、必ずしもその発電量が保証されているわけではないという点です。年間にどれだけ発電できるかは、その地域の天候に大きく左右されますし、周囲の建物の状況などによっても異なります。例えば、家庭用太陽光発電を設置する時には周りに陰を作るような高い建物は立っていなかったのに、後から高層マンションなどが建築されて、自宅のモジュールに太陽光が当たりにくくなってしまったという場合には、業者に出してもらった見積もりよりも、かなり異なる発電量になってしまう事は否めないでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電システム 発電量の目安

家庭用太陽光発電システムを導入する際には、毎年どのぐらいの発電量が期待できるのかという点を計算することはとても大切です。家庭用設備の場合、基本的には家庭で消費する電力量に合わせてどのぐらいの発電量が必要なのかが計算されるので、家庭ごとに必要な発電量は異なります。全国の平均を見ると、発電量は5kw前後のものが多いのですが、中には10kw以上の設備を導入する家庭もあるようです。

 

家庭用太陽光発電システムの発電量を計算する場合、1kw当たりで発電できる容量は約1000khwとなります。もちろん、より精密な数字を計算するためには、その地域の日射量や日数などいろいろなデータが必要となりますが、一般的には1kw当たり年間で1000kwhが発電できると考えると良いでしょう。例えば、発電量が5kwの設備を導入した場合、大体年間で5000kwh程度を発電することができるというわけです。毎月の電気消費量を考えて、年間で大体このぐらいに収まるのなら、5kwでも十分ということになりますが、収まらない場合には、家庭用太陽光発電システムを導入することによって電気代を安く抑える効果はあるけれど、電気代が無料になるとか売電収入を得られるレベルではないということになるでしょう。

 

せっかく家庭用太陽光発電システムを導入するのですから、やはり売電収入も少しは得たいところではないでしょうか。ごく平均的なシミュレーションをした場合、例えば6.18kwの発電量の設備を導入し、設置費用に186万円かかったとしましょう。元を回収できるのにかかる期間は8.83年程度となり、20年目でも97万円程度の利益がでるけいさんとなります。

 

家庭用太陽光発電システムの導入が損か得かを計算する際には、この計算だけでは十分ではありません。毎月節約できる電気代および売電収入も考慮しなければいけませんよね。もしもこの家庭における年間の電気代削減が2万円程度だとしたら、売電収入なども合わせて導入することで得られるメリットは、年間辺りで21万円ということになるのです。これを大きいと考えるか小さいと考えるかは、家庭次第ではないでしょうか。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら