家庭用太陽光発電システムを利用する際には、モジュールが太陽光を受けて発電をし、それを家庭内で消費できるという便利なメカニズムなのですが、発電する際には発電コストと呼ばれるコストがかかります。日本の発電方法には、水力発電や火力発電、風力発電など様々なものがありますが、その中でも家庭用太陽光発電は発電コストが割高と言われていて、目安としては1kw当たり46円かかると言われています。この46円という数字がどこから来るのかをご説明しましょう。
まず家庭用太陽光発電を購入して、20年間利用するとしましょう。購入にかかった1kw当たりの単価を仮に66万円として20年ローンで購入した場合、平均的な年利が4%だと、完済までの20年間の支払総額は96万円程度となります。家庭用太陽光発電は24時間いつでも稼働できる状態にありますが、太陽光が出ていない夜間は発電ができませんし、天候が良くない日にも発電することが難しくなってしまいます。そのため、家庭用太陽光発電システムの稼働率は平均すると約12%程度となり、そこから計算すると、1kwを発電するためにかかるコストは46円ということになるようです。ただし、この発電コストの目安には、定期的に必要となるメンテナンス費用は含まれていません。メンテナンスにかかる費用も計算に入れると、発電コストはもう少し高くなりますね。

 

家庭用太陽光発電システムをローンで購入する場合、発電コストを少しでも安く抑えるためにはローン期間を短くするという方法があります。もちろん、ローン期間を短くすれば、毎月の返済額は多くなるので家計を圧迫しやすくなるでしょう。しかし、発電コストを下げるという意味では、できるだけ短期間のローンを組んだほうが1kw当たりの発電コストをリーズナブルに抑えることができます。

 

発電コストを決める要素には、購入価格、システム稼働率、ローンの返済期間や金利、補助金の有無などたくさんあります。つまり、家庭ごとに発電コストは異なるのです。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電システムの発電コスト

家庭用太陽光発電システムというと、太陽光からエネルギーを受けて電力を作り出すというイメージがありますし、実際にそのために設置されることが多いシステムです。しかし家庭用太陽光発電システムを設置する際には、発電コストを考えなければいけません。発電コストは、家庭用太陽光発電システムを運転するためにかかる電気代なのかなと考える人が多いのですが、このような発電システムにおいては、運転にかかる電気代などはすべて太陽光で発電した電力でまかなうことができるため、ほとんど運転資金や燃料費などはかかりません。発電コストというのは、設置の際にかかる初期費用や、運転の際にかかるメンテナンス費用がメインとなります。

 

家庭用太陽光発電システムが開発されたばかりの時期には、設置にかかる初期費用もメンテナンスにかかる費用もかなり高額だったのですが、近年では多くの一般家庭に普及しているという点からどんどん発電コストは低下する傾向にあります。発電コストを計算する際には、初期費用やメンテナンス費用等掛かる費用を全て合計し、それを家庭用太陽光発電システムの耐用性がなくなるまでに発電できる電力で割るという計算をします。つまり、発電コストを計算する際には、1年あたりにかかるコストではなくて、基本的には購入してから耐用年数がなくなるまでという長い期間で計算するのが一般的なのです。しかし、もっとわかりやすく把握しやすくするために、1年間ごとの発電コストを計算するという方法を取り入れている業者もあるようですね。

 

2018年現在においては、太陽光発電における発電コストは、10円以下ととてもリーズナブルになっています。数年前までは30円程度だったことを考えると、近年急速に低価格化が進んでいることが分かりますね。今後はもっと低価格化することが予想されていますし、そうなればより多くの一般家庭で家庭用太陽光発電システムを取り入れやすくなるのではないでしょうか。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら