家庭用太陽光発電システムを設置する場合、まとまった金額の初期費用が掛かることになります。一般家庭に家庭用太陽光発電システムをつけて、毎月の電気代を安くできたり無料に出来たら嬉しいな、と考えている家庭は多いのですが、まとまった金額の初期費用に対して、毎月の発電で元が取れるかどうかはケースバイケースなので、導入する前にシッカリと考える必要があります。具体的な見積もりや採算性に関しては、家庭用太陽光発電システムを販売している販売店がたくさんのデータを持っているので、見積もりの際に初期費用および発電収入、そしてどのぐらいで元が取れるかという点についても計算してくれます。それを元に導入するかどうかを決めると良いでしょう。

 

家庭用太陽光発電システムの設置に際してかかる初期費用ですが、価格を決める要素はたくさんあります。まず、モジュールはたくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていて、商品ごとに発電効率や価格が異なるという点、そして設置する場所や工法によっても価格は変わってきます。目安としては、1kwを発電する際にかかる初期費用は40万円〜50万円程度と言われているので、5kw程度の発電をするなら初期費用は200万円〜250万円、そして10kw程度の発電をする場合だと、初期費用溶いて400万円〜500万円かかることになります。

 

初期費用、かなり高いなと思った人は多いでしょう。確かに決して安価というわけではありません。しかし、国や地方自治体では、それぞれ家庭用太陽光発電の設置に関して補助金を出す制度があり、それを利用することによって初期費用をいくらか抑えることができます。2017年現在では、国は補助金の制度を一時的に中断していますが、都道府県及び市町村などの自治体ごとに補助金制度を継続している所はたくさんあるので、検討する際には補助金も含めた見積もりを出すと、より現実的な自己負担額や採算性を知ることができるでしょう。販売店にぜひ相談してみてください。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電システムの初期費用の価格

家庭用太陽光発電システムを導入する際には、最初にまとまった金額の初期投資が必要となります。これは、ソーラーパネルなどの発電装置を購入するための部材にかかる費用に加え、施工業者に設置してもらうための人件費などの工賃、そして、コーキングなど設置の際に必要となる消耗品にかかる費用等が含まれます。最終的に合計した金額が、初期費用となるわけですが、初期費用の合計金額だけを比較していても、その内訳を見なければ、その家庭用太陽光発電システムがお得なのかどうなのかという点は分かりにくいものです。

 

施工業者の多くは、1kw当たりにかかるコストという形で価格が提示されています。これは、人件費や設備費などを全て合計した上で、発電量で割った数字なのですが、この数字を比べることによって、そのシステム及びその業者を利用することがお得なのかどうかという点を比較できます。同じ発電量でも単価が高ければ、その業者は割高ということになりますし、単価が安ければお得と言えるでしょう。

 

最初にどのぐらいの費用が掛かっているのか、全国の平均をご紹介しましょう。家庭用太陽光発電設備の場合、発電容量が10kwを超えると、固定資産税の対象となっていまいますし、家庭ではそれほどたくさんの電力を消費していないことが多いため、発電容量の平均は5kw程度となっています。そして、設置の際に最初にどのぐらいの初期費用が掛かるのかという点では、平均すると168万円程度となっていますね。これを1kw足りの単価に計算すると、1kw当たり約33.6万円かかるという計算となります。

 

もしも家庭用太陽光発電システムの導入を検討している家庭では、この33.6万円を目安にかかる費用を計算してみてはいかがでしょうか。業者を比較する際の目安にもなりますし、どのような設備を導入するかの目安にもできるでしょう。同じ設備でも、施工方法によって価格が異なることもあるため、その辺も注意しながら検討することをおすすめします。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら