家庭用太陽光発電は、一般住宅の屋根につけるのが一般的な太陽光発電システムです。再利用が可能な太陽光を使って発電するわけですが、その構成や仕組みがよく分からないという人はたくさんいます。まず家庭用太陽光発電を設置する場合、必要になる危惧は、屋根に設置する太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、屋内に設置する分電盤、そして電力会社が発電量をチェックするための電力量計が設置されることになります。このうち、屋根に設置するモジュールは、私たちがよく知っているソーラーパネルのことです。

 

太陽光線がソーラーパネルに当たると、そこで電気が作られます。ソーラーパネルは商品ごとに発電効率が異なるので、設置の際にはどんなモジュールを設置するのかもよく考えたほうが良いでしょう。当然ですが、発電効率が高いモジュールだと購入価格も高くなります。

 

ソーラーパネルで作られた電力は、直流というタイプの電力で、そのまま家庭で使うことはできません。そのため、パワーコンディショナという変電装置を使って、直流の電力を家庭で使えるよう交流の電力へと変換することになります。また、パワーコンディショナでは、家庭用太陽光発電システム全体の運転を自動的に管理する役割も持っています。

 

家庭で使われるように交流電力へと変換された電力は、屋内の分電盤を通すことによって各部屋で使えるようになります。家庭用太陽光発電を設置している場合、電力会社から供給されている電力ではなく、家庭用太陽光発電で自家発電した電力を優先的に消費するので、自動的に毎月の電気代が安くなる仕組みとなっています。また、自宅の外に設置される電力量計は、どのぐらい発電したのかをメーターで管理するとともに、家庭でどのぐらいん電力を消費したのかという点もメーターで管理しています。毎月電力会社の人がそのメーターをチェックして、発電電力から消費電力を差し引いた分をその月の電気代として請求するわけですが、もしも消費電力より発電電力の方が多い場合には、電力会社から発電収入を得ることができます。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電システムの構成とパーツ

家庭用太陽光発電システムがどのような構成になっているかというと、まずイメージするのはソーラーパネルではないでしょうか。ソーラーパネルは、確かに家庭用太陽光発電システムの中では欠かすことができないパーツで、最も大きな面積を占めているパーツでもありますよね。しかし、ソーラーパネルだけを持っていても、家庭用太陽光発電システムとして機能するわけではありません。

 

家庭用太陽光発電システムでは、太陽光を受けて起こした電力を、家庭で使える形態に返還するためのシステムや、どのぐらいの発電量があったのかを計測するシステムなどが必要となります。家庭用太陽光発電システムの設置を業者に依頼する場合には、必要なものはすべて業者が手配してくれますが、それぞれのパーツごとにたくさんのブランドから多種多様な商品がラインナップされているので、一つ一つを選ぶことになります。

 

家庭用太陽光発電システムの構成において必要なパーツには、まず最初にソーラーパネルと呼ばれている太陽電池モジュールが必要となります。これは、太陽から受けた光のエネルギーを電気に変換するための設備ですね。

 

2つ目には、接続箱と呼ばれる設備が必要となります。太陽電池が作り出す電力は直流なのですが、これを一つにまとめてパワーコンディショナに送るという役割を持っている設備となります。

 

3つ目は、パワーコンディショナが必要です。接続箱から送られてきた直流電力を、家庭で使えるような交流の電力に変えるための設備です。自立運転機能がついていて、スイッチを入れれば停電になって電力会社からの電力供給がストップした場合でも、太陽光発電による電力で自家発電ができます。

 

4つ目には、家庭の配線に電力を振り分けるための分電盤があります。そして5つ目には、どのぐらいの電力を発電して、電力会社にどのぐらい買い取ってもらったのかという数値を管理するための電力量計というメーターも必要となります。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら