家庭用太陽光発電を一般家庭に設置する場合には、国や各都道府県が行っている補助制度を利用することによって、費用の負担を軽減することができます。国が行っている補助制度ですが、これは平成25年度までは発電量が1kwあたり1.5万円〜2万円程度の補助金を受けることができたのですが、2017年現在では実施はされていません。もしかしたら近い将来にそうした補助制度が再開する可能性もあるので、家庭用太陽光発電の設置を検討している家庭は、こまめにニュースをチェックしておきたいものです。

 

各都道府県が実地している補助制度は、ネットで調べることができます。例えば東京都の場合には、家庭用太陽光発電すると発電量1kwにつき2万円の補助金を受けることができます。上限は19.9万円までとなっているので、10kwまでの発電ならかなり大きなメリットが期待できるのではないでしょうか。ちなみに東京都では、家庭用太陽光発電だけでなく、太陽熱を利用したシステムについても補助金を行っていて、自宅のリフォームをしてこれらの設備を設置する場合には、上限75万円までならかかった費用の6分の1を補助してもらう事ができます。担当は、創エネ支援チーム、省エネ促進事業が窓口となっています。

 

また、各市町村でも家庭用太陽光発電の設置にかかる費用の補助をしている所はたくさんあります。市町村の場合には、こうした補助は毎年見直しになるので、ネットで見つけることができる補助制度は年度末という期間限定になっていることが多いようです。東京都23区でも都下の市町村でもこれらの補助をしている所はたくさんあるので、ぜひ窓口に相談してみると良いでしょう。

 

もちろん、東京都だけでなく、北は北海道から、南は沖縄まで家庭用太陽光発電に関する補助制度を行っている自治体はたくさんあります。東京都の例を挙げると、都から補助金をもらって、さらに住んでいる市町村から補助金をもらうということもできるので、最初にかかる設置費用をかなり軽減することにつながります。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電の補助金と商品について

家庭用太陽光発電を導入する際には、最初にまとまった金額の初期費用が掛かることになります。現金でねん出できる家庭は問題ありませんが、ローンを組むとなると、住宅ローンでもなければ自動車ローンでもなく、家庭用太陽光発電ローンという商品を探して複数の金融機関に問い合わせをしなければいけないかもしれませんね。しかも、ローンの金額は大きくなればなるほど審査が厳しくなりますから、できるだけ少なく抑えたいところではないでしょうか。

 

そんな人にぜひチェックしていただきたいのが、各自治体から提供されている補助金制度です。都道府県、また市町村ごとに異なる制度が整備されていて、それぞれ条件を満たせば補助金を受けることができるという内容になっています。しかし、こうした補助金の制度はかなり前からスタートしており、家庭用太陽光発電の普及が進むにつれて、補助金制度が廃止となった自治体も少なくありません。もしも今から家庭用太陽光発電の導入を検討している人は、住んでいる市町村の補助金制度、および都道府県の補助金制度をチェックしてみてください。

 

また、補助金制度の中には、どんな家庭用太陽光発電設備を導入したのかによって対象となるかどうか、また優先順位が変わるケースもあります。自治体にとっては、できるだけ多くの二酸化炭素を削減するために貢献してくれた人に補助金を出したいわけですから、対象となる商品が限定されている所もあるようですね。詳しくは、住んでいる自治体の補助金制度を詳しく調べて問い合わせることをおすすめします。

 

近年では、家庭用太陽光発電に対する補助金に加えて、蓄電池設備への補助金制度もラインナップされています。例えば東京都の場合には、蓄電池設備に対する補助金は最大で24万円となっていて、条件を満たすことによって受けることができます。設置前に業者に相談しながら、補助金を受けられるものを選ぶという方法もアリでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら