家庭用太陽光発電を導入しようかなと検討した時に、まず最初に気になるのはやはり導入の際にかかる初期費用ではないでしょうか。家庭用太陽光発電の導入には、モジュールの購入費用や設置にかかる費用、モジュールを屋根などに設置する時に必要となる架台などの費用がありますが、だいたいの概算相場は、1kwの発電をする際には40万円〜50万円の費用が掛かると言われています。

 

40万円から50万円と金額に差がある理由についてですが、これはソーラーパネルはたくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていて、価格がそれぞれ異なるためです。また、設置場所や設置の際の工法についてもかかる費用が変わるので、だいたい40万円〜50万円程度が目安となるのです。最新式で発電効率がとても優秀なモジュールを難易度が高い工法で設置する場合だと、単価はもっと高くなってしまう可能性もあります。見積もりを立てる際には、少し余裕を持った見積もりの方が安心ですね。

 

ちなみに、40万円から50万の相場は、1kwの発電をする場合になるので、家庭で5kw程度の発電ができる家庭用太陽光発電を設置するなら、かかる初期費用は200万円〜250万円となります。また、10kwを発電したい場合だと、かかる初期費用は400万円〜500万円となります。かなりまとまった金額がかかることが分かるのではないでしょうか。

 

これらの費用を投資しても家庭用太陽光発電を設置することにメリットがあるのか?と疑問に感じる人は少なくありません。家庭用太陽光発電を一般住宅に設置する場合には、その家庭で消費できる電力をカバーできるぐらいの発電量を計算しながら必要な発電量、そしてモジュールパネルの数などを見積もりとして出していきます。つまり、家庭用太陽光発電を設置することによって毎月の電気代が無料になれば、時間はかかりますが、それで元が取れる計算になるわけですね。家庭用太陽光発電は一度設置すれば、数十年間使っても耐久性がとても良いため、設置するとその家庭では半永久的に電気代がかからないという計算となります。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電の金額費用と見積もり

家庭用太陽光発電を導入する際には、最初に設備を設置するための初期費用が掛かります。いくらぐらいかかるのかは、どんな設備をどこに設置するのかなどによって異なるためケースバイケースですが、自動車を購入する場合よりもまとまった費用が掛かることが多いですね。現金で初期費用を賄うことができる人なら、ローンの心配はありませんが、賄うことができない人やローンを組みたい人だと、まずは見積もりを取ったうえでローンの申し込みをする事になります。住宅ローンや自動車ローンと比べると、家庭用太陽光発電ローンという金融商品はまだまだ少ないため、どこでどんなローンを組めるのかが分からないというジレンマに陥ってしまう事が少なくありません。

 

家庭用太陽光発電の導入に際してかかる金額費用の見積もりを取ると、かかる初期票の見積もりを出してもらうことができます。目安としては150万円~200まんえん前後が多いようですね。この見積もりの金額だけを比較しても、実際に発電を始めてから本当にお得なのかどうかという点は判断することができません。初期費用と言っても、ソーラーパネルなどの機材にかかる費用に加えて、コーキング剤などの経費がありますし、人件費などの工事代も含まれています。同じ金額でも、どこにいくら払うのかをよく吟味して比較することによって、どの業者に依頼するのがお得なのかが分かりますね。

 

また、業者から細かい見積もりを取ってもらう前に、その業者における家庭用太陽光発電導入に際する価格をKW当たりの単価で計算することで、大体の目安をつけることができます。KW当たりの単価が安ければお得度は高くなりますし、KW当たりの単価が高い業者だと、割高感は否めませんね。複数の業者を選ぶ際には、KW当たりの単価も計算して見積もりを出してくれる業者を選び、その中から少しでもお得な業者を選びたいものです。ちなみに、全国の相場を見ると、1kw当たりの価格の平均は33万円程度となっています。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら