一般家庭で家庭用太陽光発電を設置する場合、初期費用がかなりまとまった金額になるため、設置した場合のメリットを考えるだけでなく、デメリットやリスクについても知っておくことが大切です。

 

まず1つ目のリスクは、エネルギーの取り扱いに関するリスクです。家庭用太陽光発電は再利用が可能な太陽光を利用して電気を発電する設備で、間違った取り扱いをしてしまうと漏電や火災などのリスクを含んでいます。家庭用太陽光発電を定期的にメンテナンスすることによってある程度のリスクは未然に防ぐことができますが、ガス漏れなどが原因で火災となるリスクもあるので、よく理解しておかなければいけません。

 

また、万が一の火災が起きた場合、消火リスクがあります。これは、家庭用太陽光発電では連続的に電気を発生させているため、もしも火災の際に消防士が水を散水して消火活動を行おうとすると、電気が水を伝って消防士を感電してしまうリスクがあるのです。そのため、火災が起こった場合には、一般的な家庭の消火活動よりも時間がかかってしまうことが多く、そのために被害が大きくなってしまうリスクがあります。

 

更に、家庭用太陽光発電でどのぐらいの発電量が期待できるかという点は、保証されているわけではないというリスクがあります。その時の天候や晴天率などによって発電量は異なるので、もしも雨が多い年だったりすると、期待していたほど発電ができずにお得度が少なくなってしまうというリスクが考えられます。販売業者で見積もりを出してもらう際には、周辺地域の統計をもとに精密な計算をしているので、見積もりの発電予想が大きく外れてしまう事は少ないのですが、保証されているわけではないという点は、あらかじめ理解しておかなければいけません。

 

現在では、過剰に発電した電力については、電力会社が10年を限度に買い取ってくれる制度が完備されています。しかし、買取単価は毎年変動しているので、必ずしも期待している発電収入を得られるわけではないという点は知っておきましょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電のリスクと注意点

家庭用太陽光発電は、他の投資商品と比べるとリスクは低いと言われています。株やFXなどの投資においては、価格の変動によって利益は大きく影響されますし、長く続ければ必ず利益になるというわけではありませんよね。しかし家庭用太陽光発電の場合には、太陽の日射があれば電力を発電することができますし、発電した電力は家庭の日常生活で消費するため、電気代を確実に大幅値下げできますし、その分は発電による節約、つまり利益と考えることができるでしょう。しかも、使いきれなかった電力に関しては、電力会社が買い取ってくれるので、売電収入を期待することもできますよね。

 

一見するとリスクがほとんどないように見える家庭用太陽光発電には、どのようなリスクや注意点があるのでしょうか?まず1つ目のリスクは、最初に設備を購入する際にかかる費用が決して安くないという点があげられます。例えば、家庭用太陽光発電を設置してすぐに転勤などで引っ越ししてしまう事になると、設備を持っていくことはできませんから、ローンだけが残ってしまう事になります。これは、家庭用太陽光発電にとっては大きなリスクと言えるでしょう。どのぐらいの規模の設備を設置するかによって初期費用は異なりますが、小規模な設備でも100万円以上はかかります。投資家の多くはローンを組んでいるため、毎月のローンの支払いが発生するという点も、家庭用太陽光発電を導入するリスクというか注意点ではないでしょうか。

 

2つ目のリスクは、盗難や災害による故障や破損などがあるという点です。これは火災保険などに加入することでリスクを回避できますが、保険でカバーされない部品の交換やメンテナンス作業においては、費用が定期的に発生することになるでしょう。初期投資だけが必要というわけではないのです。

 

3つ目のリスクは、日射条件によって発電量が大きく左右されるという点があります。設置した時には日射条件が良くても、天候や気候の変化で日射条件が減ってしまうと、発電量はいやおうなく減ってしまいます。また、すぐそばに高層ビルなどが建ってしまうと、日射条件が悪くなって発電量もガクンと減少してしまいますよね。そうした点は、家庭用太陽光発電のリスクと言えます。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら