一般家庭で家庭用太陽光発電を設置しようかなと考えている所はたくさんありますが、かかる初期コストと発電収入を比較しながら、果たして設置することで経済的なメリットがあるかどうかを知りたいという人は多いのではないでしょうか。家庭用太陽光発電によってどのぐらいの発電量が見込めるかという点は、その土地や地域の日射条件や天候具合、また設置する場所がどの方角を向いているか、など様々な条件によって異なります。また、年間に消費する電力量も家庭によって異なりますね。そのため、設置することがどこまで得なのかは、家庭によって異なるため、詳しくは販売店に見積もりを出してもらった上で比較検討することが必要です。

 

一般的に、家庭用太陽光発電の発電量は、その家庭で年間にどのぐらいの電力を消費しているのかによって調整することになります。ソーラーパネルのモジュールは設置枚数を調整することができますし、モジュールはたくさんのメーカーから販売されていて、それぞれ発電効率などが異なります。そのため、目安としては年間にその家庭で消費する電力量をカバーできるぐらいの発電量が期待できるようなモジュール設置をすれば良いのです。

 

一般的な家庭で年間に消費する電力量ですが、平均すると5000kw程度と言われています。この電力消費量を家庭用太陽光発電でカバーしようとすれば、発電効率が良いソーラーパネルを、だいたい20枚程度設置するのが良い事になります。発電効率が良いモジュールを設置すると、システムの用量は5kw程度となり、これで年間に家庭で消費する電力を家庭用太陽光発電でカバーすることができます。

 

また、日本は南北に長く、地域によって晴天率が異なりますし、建物の影になるなどの日射条件は場所によって異なります。ネットで調べると、だいたいの年間発電量の目安が地域ごとに照会されているので参考にしてみてください。ちなみに、高い発電量が期待できるのは、静岡や北海道の帯広、吸収の鹿児島などとなります。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電の発電量と目安について

家庭用太陽光発電は一般的に産業用の設備よりも規模が小さく、発電量も小さめになっています。その理由はいくつかありますが、1つ目の理由は、規模が小さいことで初期費用を削減できるほか、メンテナンスなどにかかる費用も節約できるという理由が考えられるでしょう。2つ目の理由は、家庭用太陽光発電の場合には産業用設備とは異なり、家庭で消費する電力を優先的に発電し、余った余剰電力のみを電力会社が買い取ってくれるという仕組みになっていることが大きく関係しています。産業用太陽光発電の場合には、電力会社が買い取ってくれる期間は20年と長く設けられていますが、家庭用太陽光発電の場合には10年間と期間は半分になっています。10年が過ぎた後には、発電しすぎた余剰電力は無料同然での買取になってしまうため、お得さが大幅に減ってしまうのです。そのため、家庭用太陽光発電の場合には、自宅で消費できる発電量を目安にして、どのぐらいの設備が必要なのかを練っていくことになります。

 

また、家庭用太陽光発電の発電量は、ソーラーパネルをはじめとする設備をどこに設置するかによっても異なるでしょう。自宅の屋根に設置する場合には、発電量に関係なく固定資産税は対象外ということになりますが、屋根以外の休眠地などに設置する場合だと、10kw以上の発電量を持つ設備は固定資産税の対象となり、毎年税金がかかることになります。発電量が大きくなればそれだけ資産価値も高くなるというわけで、固定資産税の金額も大きくなってしまう事は容易に想像できますよね。

 

こうした点から、家庭用太陽光発電でどのぐらいの発電量が必要なのかは、ケースバイケースで業者に相談することが必要となります。一般的には、電気代の請求書を見ながら年間にどのぐらいの電力を消費しているのかを計算し、それを均等に12カ月で割った分の発電量を賄える程度の家庭用太陽光発電が検討されることが多いですね。消費電力量は家庭ごとに異なりますから、まずは過去1年分の電気代の請求書を見て、年間どのぐらいの電気を使っているのか計算することから始めましょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら