家庭用太陽光発電を設置する際には、最初にソーラーパネルタイプのモジュールを設置することになります。専門的な知識がない素人が自分自身で設置することは難しいので、設置には業者に依頼することになりますが、いくらかかるのか心配な所です。

 

メーカーや販売店ごとに、家庭用太陽光発電の設置にかかる価格やモジュールの購入費用は異なりますが、目安としては1kw当たりの発電にかかる費用は41万円程度と考えると良いでしょう。一般住宅の場合、10kw程度の発電を見込めるモジュールを設置するのが一般的なので、単純計算すると最初にかかる設置費用は410万円程度ということになります。もちろん、10kwも発電しなくても良いという場合には、5kwの発電で初期費用が200万円程度にすることも可能です。

 

ただし、ソーラーパネルはメーカーごとに性能が異なり、電力の発電効率なども異なります。そのため、高性能なモジュールを設置すれば、当然ですが1kw当たりの設置費用は高くなり、目安となる1kw当たり41万円以上になってしまうこともあります。初期費用を出来るだけ安く抑えたい人なら、リーズナブルなモジュールを選択するという方法もありますし、初期費用は掛かるけれど発電効率が高いものを選びたいという人は、最初にかかる費用は高くても毎月の発電収入はかなり期待できそうですね。

 

家庭用太陽光発電を設置は、専門の販売業者に相談するのがオススメです。一括見積などを利用して、自分が住んでいる地域をどの販売会社が管轄しているのかという点をチェックしながら見積もりを取り寄せるのも良いですし、モジュールごとにリサーチをして、取り扱っている販売店を探すという方法も良いでしょう。家庭用太陽光発電は設置すると資産として長く付き合うことになる設備でもあります。購入する際には、電力を使う時間帯やその土地の日射条件、モジュールの性能などたくさんのポイントから比較検討して、ピッタリの家庭用太陽光発電を選びたいものですね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電 価格の比較

家庭用太陽光発電を導入する際には、価格面でいろいろ比較しなければいけません。価格と言っても何をどんな風に比較すればよいのか分からないという人はとても多いのですが、比較するポイントはいくつかあります。

 

まず1つ目の比較ポイントですが、初期投資としていくらかかるかという点を比較することになります。家庭用太陽光発電の導入に際しては、ソーラーパネルに加えてパワーコンディショナー、架台など各種設備が必要となり、それぞれ特徴や発電効率などが異なるため、価格も異なります。比較をする際には、まず最初に自宅で毎月どのぐらいの電力を消費しているのかを考え、その分をカバーできるかできないかぐらいの発電量を見込める太陽光パネルを選ぶと良いでしょう。そうすれば、使いきれなかった分は電力会社が買い取ってくれるので売電収入が期待できますし、使い切った場合でもその月の電気代はかなり安く抑えることができるでしょう。

 

発電量を決めたら、各種メーカーの太陽光パネルのスペックと価格を比較していきます。同じ発電量を持つパネルでも、発電効率や耐用年数などが異なります。自分で比較しても違いがよく分からないという場合には、いくつかの候補を書き出して、施工業者に相談するという方法もアリでしょう。

 

また、家庭用太陽光発電の導入については、施工にかかる費用も比較することになります。業者ごとに施工費用が異なるだけでなく、同じ業者でも施工方法によってコストが変わります。ただし、施工方法が変わると発電効率にも影響することがあるので、その点もよく相談しながら決めてくださいね。

 

もう一つ、家庭用太陽光発電を導入した後にかかるメンテナンス費用やアフターサービスの費用等も比較しなければいけません。業者によっては、保険もアフターサービスとして含まれている所がありますし、メンテナンスなどもどんな内容の作業をどのぐらいの頻度で行ってくれるのか画異なります。そうした点を比較した上で、ニーズにピッタリの家庭用太陽光発電設備を選ぶと良いでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら