一般家庭にも少しずつ普及し始めている家庭用太陽光発電は、新築の分譲一戸建てなどは最初から設置されているものも多くなっています。家庭用太陽光発電を設置すると、日常的に家庭で消費している電力を自家発電でまかなうことができるだけでなく、消費するよりも多く発電した場合には、電力会社が10年間を限度として電力を買い取ってくれるという制度を利用することができます。家電製品が多い家庭や、日射条件が良くて家庭用太陽光発電を設置することで大きなメリットが期待出来る家庭なら、ぜひ導入してはいかがでしょうか。

 

家庭用太陽光発電は20年ほど前から一般住宅用として開発されていますが、広く注目されるようになったのは、東日本大震災などの自然災害が起こった後ではないでしょうか。東日本大震災の時には、東北全域が全て停電となり、早くても1週間、遅ければ数か月という単位で停電となってしまったものです。そうした災害時でも、家庭用太陽光発電が設置されていればある程度の電力を確保することができるので、最低限の日常生活を営むことは可能となります。

 

家庭用太陽光発電でどのぐらいの電力を発電できるのかは、日射条件によっても大きく異なります。地域で言えば日射条件が良いのは九州地方ですが、日当たりが良い場所の方が多くの発電が期待できますし、建物の陰になったり南向き出なかったりして日射条件がイマイチの場合には、発電量もそれなりとなってしまいます。家庭で家庭用太陽光発電の設置を考えている人は、そうした条件をよく考慮しながら、どのぐらいの期間で元が取れるのか、また毎月の電力は消費電力のどのぐらいをカバーしてくれるのか、という点も含めて販売店に相談することが必要です。

 

大きな自然災害の後、家庭用太陽光発電の申し込みが殺到したため、九州電力や東北電力では新規の申し込みを一時保留にするというニュースが流れたことがありました。こうした現状は、いかに家庭用太陽光発電が注目されているかを示しているわけですが、多くの一般家庭がサッと設置できるようになるには、もう少し時間がかかってしまうかもしれませんね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電の現状と設置について

家庭用太陽光発電は、東日本大震災などの大規模な停電が起こった場合などには、最低限の生活を支えることができる大切な電力確保資源となりました。日本国内では、全国どこでどんな災害が起こっても不思議ではないと言われているため、各家庭でも家庭用太陽光発電を導入するケースが増えています。家庭用太陽光発電を設置するという作業は、決して簡単かつリーズナブルにできるわけではありません。どのぐらいの規模の家庭用太陽光発電を導入するかによって初期費用は異なりますし、毎月どのぐらいの電力を供給してくれるかという点は異なりますが、数百万円程度の初期費用が掛かることは多いでしょう。そのため、導入する場合には、現状どんな状態なのかを理解しながら、導入して得になるのか損になるのかという点をよく考えることが必要です。

 

一般的には、家庭用太陽光発電奈良8年程度で初期費用を回収できると言われています。例えば、最初にかかった初期費用が130万円だったとしましょう。毎月の電気料金が15000円だったとすると、発電設備を設置したことによって毎月の電気代がかからなくなり、初期費用を回収するのにかかる期間は7年ちょっとという計算になります。しかし、7年経過しても太陽光設備はまだまだ健在ですから、元本を回収した後の発電収入に関しては、すべてが利益ということになります。電力会社が余剰電力を買い取ってくれるのなら、さらに売電収入が期待できますし、買取り期間を過ぎてしまっても、毎月の電気代を大幅に値下げすることができるので、金銭的には大きなプラスとなるでしょう。

 

また、設置に関しては各自治体で補助金の制度が完備されている所がたくさんあります。導入する家庭が増えるにつれて、こうした補助金の制度は少なくなることが予想されますが、全国的にはまだまだ補助金制度が健在な自治体は多いので、現状では設置の際にも少しだけ節約ができてお得になるということですね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら