家庭用太陽光発電の仕組みは、太陽の光を電力に変えるという発電方法を採用しています。太陽電池という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、太陽の光を受けて電力を蓄えると言う蓄電設備のことではなく、太陽の光を受けることによってそれを電力に変換することができる発電設備のことを示しています。太陽の光がソーラーパネルに当たることによって、光起電力効果や光電効果などの現象を起こすことができます。

 

なぜ太陽の光が電力に変わるのか、そのメカニズムを知りたいという人は少なくありません。少し専門的な内容となりますが、ソーラーパネルの発電機の内部には、N型とP型という2つの半導体を重ね合わせたものになっていて、そこに太陽の光が当たると、マイナス電子とプラス正孔が発生します。この時、マイナス電子はN型の半導体に流れ込み、プラス正孔はP型の半導体へと流れていくことになります。この二つのプラスとマイナスの負荷をコラボさせることによって、電流を流すことができるという仕組みになっています。

 

一般住宅に家庭用太陽光発電を設置した場合、こうした難しいメカニズムを考える必要はありません。販売業者が全て設置や設定をしてくれますし、発電した電力は優先的に消費することができますし、天気が悪かったり日射状況が良くないために十分な電力を発電できなかった場合には、通常通りの電気を使うことができます。自宅内での切り替えスイッチなどは一切ないので安心です。また、消費電力よりも発電電力が大きくなった場合には、自動的に電力会社が買い取ってくれる仕組みとなるので、こちらも自分自身で管理する必要はないのです。毎月の電気料金の請求書を見て、殆ど0円だったり、場合によっては電力会社から還付を受けることができるなど、毎月の電気料金請求書を見るのが楽しくなるはずです。

 

家庭用太陽光発電は、産業用と比べると設置するソーラーパネルは小さいですし、発電効率もそれほど高くないものをリーズナブルに購入することができます。それも家庭に太陽光発電設備を設置するメリットと言えるかもしれませんね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電の仕組みと設備について

家庭用太陽光発電を導入したいなと考えているけれど、屋根などに設置したソーラーパネルがどんなふうに電力変わるのか、仕組みが全く分からないという人は少なくありません。それに、ソーラーパネルで発電した電力が漏れて事故にならないか、心配という人も多いのではないでしょうか。近年では、家庭用太陽光発電を導入する家庭が増えていて、発電設備最寄り優秀で効率的、そしてリーズナブルに購入出来るものが増えています。安心して設置することができ、毎月かかる電気料金を大幅に節約できるのですから、ぜひ前向きに検討したいですよね。

 

家庭用太陽光発電の仕組みですが、まずは屋根などに設置したソーラーパネルと呼ばれる太陽電池モジュールを使って、電力を作ります。作った電力は、そのまま家庭で使う電気として利用できるわけではなく、接続箱やパワーコンディショナなどの設備を通すことによって、一般家庭で使える交流の電気へと変換されます。その後で、家庭に設置するスマートコスモ分電盤というものを通して家庭内のあらゆる部分で利用することができるようになるという仕組みになります。つまり、家庭で太陽光発電の設備を導入する際には、ソーラーパネルだけを設置すればよいというわけではなく、パワーコンディショナやスマートコスモ分電盤、接続箱なども合わせて導入しなければいけません。

 

家庭用太陽光発電に必要な設備は、施工業者に相談するとそれぞれたくさんの種類がある中からピッタリのものを選ぶことができます。設備によって発電効率や機能などが異なりますし、スマートコスモ分電盤の中には、家庭の中の電気を全て画像として見やすく表示し、太陽光発電設備の電力をどこでどのぐらい使っているのか画把握できるようなものもあります。家庭で消費する電力を管理しやすくなるだけでなく、太陽光で発電した電力の使い道についても分かりやすくなるという点で、高く評価されている設備ですね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら