一般住宅でも導入する家庭が増えている家庭用太陽光発電は、新築の分譲住宅の中には最初から設置されているものもあったりして、広く普及する兆しを見せています。太陽光発電というのは、文字通り太陽から受ける光を利用して電力を発生するという発電設備なのですが、一般住宅に設置する場合には家庭用太陽光発電という扱いになり、空いている土地に野立てて太陽光発電設備を設置するとか、企業や工場が屋根や屋上などに設置する場合には産業用太陽光発電という扱いになります。

 

家庭用太陽光発電を設置すると、一般家庭ではたくさんのメリットが期待できます。まず1つ目は、家庭用太陽光発電で電力を作ることができるので、住宅の電力消費量を自家発電によって賄うことができるというメリットがあります。毎月の電気代の大幅な節約が期待できますね。2つ目のメリットは、もしも消費電力よりも発電電力の方が大きければ、10年間を上限として電力会社に余剰電力を買い取ってもらうという選択肢もあります。買取価格の単価は変わりますが、産業用太陽光発電よりも高い単価で買い取ってもらう事ができるので、場合によっては毎月発電収入を得られることも期待できそうですね。

 

3つ目のメリットは、太陽光発電は地球や環境にとってエコという点があります。太陽の光を利用して電気を発電し、それを消費するという再生可能エネルギーで、今後エネルギーが枯渇するであろうと予想されている地球においては、これからどんどん太陽光発電を普及していくことが臨まれています。

 

4つ目のメリットは、電力会社の電力供給に頼らずに電気を使えるという点があります。計画停電や自然災害の時などには、自宅に家庭用太陽光発電がついていれば完全に電力がなくなって生活できなくなるという不便さがなくなります。夜でも明かりを確保することができますし、天気が良ければ毎日どんどん電力を作ることができるので、便利な生活を維持することができるのです。いつどこでどんな自然災害が起こるか分からない日本列島においては、これは大きな安心感ではないでしょうか。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



家庭用太陽光発電のメリットとは

太陽光発電を導入する際には、家庭用のものにするか、それとも産業用のものにするか、2つのうち選ぶことができます。どちらもメリットとデメリットがあるわけですが、家庭用太陽光発電の場合には、自宅で消費する電力を賄うために設置することが基本となり、使いきれなかった余剰電力のみを電力会社が買い取ってくれるというシステムになっています。もちろん、自宅で毎月どのぐらいの電力を使うのかは電気代の請求書を見れば確認できますから、売電収入を得たい場合には、それよりも多く発電できる設備を導入すればよいことになりますね。また、家庭用太陽光発電の場合には、どこに設置するかによって固定資産税などの取り扱いが異なるという点も知っておきたいですね。産業用発電の場合には、発電能力に関係なく毎年固定資産税が発生することになります。しかし家庭用設備の場合には、発電能力が10kw以上のものでなければ固定資産税はかかりません。つまり、発電能力次第では、税金がかからずに税金対策としても優秀なのです。また、発電能力が10kw以上でも自宅の屋根に設置するものなら、一切固定資産税はかからないというルールになっています。場所を取らない屋根に設置するという人は多いですが、屋根に設置することは税金対策としても有効なのです。

 

家庭用太陽光発電を導入することには、たくさんのメリットがあります。まず第一に、毎月の電気料金がかなり抑えられるという点があげられます。導入する設備の発電量によっては、使いきれないほどの電力を発電し、電力会社が買い取ってくれることになるので、売電収入を得ることもできるでしょう。

 

2つ目のメリットとしては、台風や地震などの災害で停電になったとしても、家庭用太陽光発電があれば自宅で使う電力は自家発電できるというメリットがありますね。長期間停電になってしまうと、日常生活に大きな支障が出てしまうものです。しかし家庭用太陽光発電を導入している家庭なら、普段通りの生活、もしくは最低限の生活をする事が可能になります。

 

3つ目のメリットは、設置に関して補助金の制度があるという点があげられます。近年ではより多くの家庭が太陽光発電設備を導入しているため、受け取れる補助金の金額も少なくなる傾向にありますが、初期費用を全額自己負担せずに補助金でいくらか賄うことができるという点は、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら