太陽光を利用した発電設備は、一般家庭でも産業用としても注目されていますが、太陽光発電は、発電をしながら電力を消費するというものなので、太陽が出ていない夜間などには消費するための電力を自家発電で供給することはできません。しかし、もしも昼間に発電した電力を蓄電池の中に溜めておくことができ、それを夜間の消費電力として利用できたり、蓄電池からの電力を使うことによって電力会社から電力を購入しなくても良くなることもあるかもしれません。そして、もしも実際に使わなかった余剰電力だけを電力会社に買い取ってもらう事にすれば、消費電力を最大限に太陽光蓄電池でカバーすることができますよね。これが、ダブル発電の仕組みです。

 

ダブル発電をする場合、太陽光によって発電するための設備が必要な点と、発電した電力を蓄電しておくための蓄電池の二つが必要となります。それぞれ1セットというわけではなく、発電設備では好きなメーカーの好きな商品を選べますし、蓄電池もコスパや効率によって好きな商品を選ぶことができます。そして、それぞれ寿命が違うので、交換時期が来たら交換しなければいけません。

 

燃料電池と蓄電池の大きな違いは、充電して再利用できるかどうかという点にあります。燃料電池の場合には、販売されている段階ですでに充電されていて、使い切ったら再利用はできないのでゴミとなります。しかし蓄電池の場合には、電池によって何回まで充電できるのかは異なるものの、3000回〜1万回程度の充電ができるので、繰り返しながら使用できるという点が大きな特徴となります。一回の充電でどのぐらいの電力を蓄電できるかという点は、その蓄電池の容量によって異なるので、大きな容量の蓄電池を選べば、たっぷり蓄電できるでしょう。そして、夜間の消費電力だけでなく、昼間に使う電力に関しても蓄電した電力だけでまかなうことができるかもしれません。昼夜を問わずに消費して、それでも余った電力のみを電力会社が買い取ってくれるのが、ダブル発電による売電なのです。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池 ダブル発電の燃料電池/蓄電池は損か得か?

太陽光蓄電池を導入すると、太陽光発電設備の規定においてはダブル発電という扱いとなります。ダブル発電というのは、太陽光発電設備に加えてエコウィルとかエネファーム、蓄電池のように創エネ機器も導入しているというスタイルのことですが、電力会社の電力買取価格の単価が異なります。太陽光発電設備だけの場合には、1kw当たり31円~33円で買い取ってもらうことができますが、ダブル発電となると、買取価格が25円~27円と低くなってしまうのです。そのため、売電収入を期待して太陽光発電設備や太陽光蓄電池を導入しようかなと考えている人だと、場合によっては太陽光蓄電池を導入しないほうが売電収入という面では得になることがあります。

 

それでは、ダブル発電になって買取価格が低くなったとしても、太陽光蓄電池を導入するのが得になるのは、どんな場合なのでしょうか?それは、家庭で発電した電力は、できるだけ家庭で使い切りたいという場合、そして電力会社の買い取り期間である10年を超えた場合ですね。太陽光発電装置だけでは、昼間に使う電力を自家発電で補うことはできますが、蓄電することができないため、天気が悪くて発電できない時や夜間の電力消費に関しては、電力会社から供給される電力を使うことになります。つまり、電気代を0にする事は難しいのです。しかし太陽光蓄電池があれば、昼間に消費できなかった電力を貯めておくことができ、それを夜間や天気が悪い時などに使うことができます。そうすると、それまでは電力会社から供給されていた電力の代わりに、夜間なども自家発電した電力を使うことができるようになり、毎月の電気代を限りなく0円に近づけることができるのです。

 

電力会社の買取とか売電収入ということを考えなければ、太陽光蓄電池を導入することによって大きなメリットを期待することができます。損と考えるか得と考えるかは、その家庭の電力消費傾向や消費量によってケースバイケースではないでしょうか。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら