太陽光蓄電池には、たくさんのメリットやデメリットがあります。まずメリットですが、太陽光を使って発電をし、それを消費電力として使うことができるので、自然災害による停電および計画停電などの時でも電力を供給できるというメリットがあげられます。一般家庭の場合には、夜間でも明かりを確保できるなど最低限の生活に必要な電力を確保できますし、太陽光を使って毎日発電することができるので、長期間不便な状態が続いたとしても電力の確保は継続できるという大きなメリットがあります。

 

また、太陽光発電と組み合わせることによってたくさんの電力を発電できるというメリットもあります。一般的な蓄電池は、電力を蓄電するために電力が必要となりますが、太陽光蓄電池の場合には太陽光を使ってどんどん発電できますし、蓄電に充電し終わった後の余剰電力は電力会社が買い取ってくれるので、売電収入が期待出来るというメリットもあります。

 

一方デメリットですが、太陽光蓄電池の容量によって蓄電できる電力量が異なりますし、そのために停電時に消費できる電力量も異なるという点があげられます。また、発電は太陽光に頼っているため、天候が悪い時期などには発電量があまり期待できないこともあるでしょう。その点もまた、太陽光蓄電池のデメリットと言えます。

 

また、太陽光蓄電池は太陽光による発電装置と蓄電池という2つの設備が必要となりますが、このうち太陽光発電装置の方は20年以上利用することができます。しかし蓄電池の方は、充電できる回数に限度があるため、遅かれ早かれ交換が必要になるというデメリットがあります。できるだけ効率的でコスパの良い使い方をすることが、太陽光蓄電池と上手に付き合うポイントと言えるでしょう。

 

もう一つ、太陽光蓄電池にはデメリットがあります。それは、設置する場所が必要になるという点です。固定式の太陽光蓄電池を設置する場合には、セメントなどを使った基礎工事が必要となり、初期費用が高くなってしまうこともあるようです。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池のメリットデメリットと比較

太陽光蓄電池を導入する家庭が増えています。自治体でも太陽光蓄電池野導入に際して補助金制度を整備するなど、コスト的に導入しやすい環境が整っていることもまた、太陽光発電設備と一緒に蓄電池も導入しようかなという家庭が増えている理由の一つと言えるでしょう。太陽光蓄電池を検討する際には、まずメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。

 

太陽光蓄電池のメリットですが、ソーラーパネルで発電した電力を蓄電できるというメリットがあります。通常の場合、発電設備は太陽が出ている時でなければ発電できませんから、昼間の電力消費は自家発電で賄うことができても、夜間の消費に関しては電力会社の電力を使わなければいけません。売電収入を得るよりも、発電した電力は家庭で使いたいという人にとっては、太陽光蓄電池を導入することで毎月の電力を大幅に値下げすることができるでしょう。

 

2つ目のメリットには、停電時や災害時にも蓄電池があれば昼夜を問わずに電力を確保できるというメリットがあります。天候や時間帯にかかわらずに電力を確保できることは、大きな安心感につながるのではないでしょうか。

 

一方デメリットですが、太陽光蓄電池にはそれぞれ蓄電できる容量が決まっています。その量を超えて蓄電することはできません。そのため、家庭の電力消費量およびソーラーパネルの発電量にあったサイズの太陽光蓄電池を導入しなければ、ニーズを満たせないという事態が起こり得るでしょう。

 

2つ目のデメリットですが、太陽光蓄電池は小さな設備ではないため、設置するスペースが必要です。結露にならない場所を確保できない場合には、残念ながら導入したくてもできないというケースもありますね。

 

3つ目のデメリットですが、太陽光蓄電池はパワーコンディショナーと同様、寿命があります。ソーラーパネルにも寿命はありますが、太陽光蓄電池やパワーコンディショナーの場合には寿命は約10年程度と短いため、そのぐらいの頻度で交換が必要となります。コストがかかるという点は、デメリットの一つと言えるでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら