太陽光蓄電池のダブル発電はご存知でしょうか? 太陽光蓄電池では、屋根などに取り付けた太陽光発電機を使って電力を発電し、それを蓄電池の中に充電することによって、夜間などに蓄電した電力を消費して電力会社から供給されている電力を節約するというシステムとなります。一般的な太陽光発電設備では蓄電池はついておらず、太陽光を使って発電した電力をそのまま消費電力として使用し、使いきれなかった分については電力会社が買い取ってくれるという仕組みになるわけですが、太陽光蓄電池の場合には、使いきれなかった電力を蓄電池という充電機の中に溜めておき、夜間などにそこから電力を消費するというスタイルとなります。そのため、太陽光蓄電池はダブル発電という扱いになるのです。

 

ダブル発電だと、どのような影響があるのでしょうか?まず、余剰電力を電力会社が買い取ってくれる時の売電単価がダブル発電の場合には低めになってしまうという特徴があります。もしも太陽光発電設備の設置を考えていて、一般家庭で消費できる電力を賄えるぐらいの発電量なら、蓄電気を使わずに余剰電力を電力会社に買い取ってもらう方が売電単価は高くなるので、発電収入が多くなります。

 

しかし、太陽光蓄電池を設置することによって、メリットも期待できます。それは、電力が供給されない計画停電の時や自然災害による停電の時などには、蓄電池があることによって必要な電力を確保することができ、一般家庭や産業においては完全な停止状態になることを未然に予防できるというメリットがあります。例えば一般家庭の場合には、夜間は必要最低限の電力を確保することができますし、ビジネスにおいても最低限の電力確保によってビジネスが完全に停止するのを防ぐことができます。

 

太陽光蓄電池を設置すると、発電量に関係なくダブル発電というカテゴリーとなるので、電力会社の買取単価は低くなります。蓄電池をつけることが賢明かどうかは、ケースバイケースで異なるので、販売業者によく相談して決めましょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池 ダブル発電の仕組み

ダブル発電という言葉はご存知ですか?これは、太陽光発電装置の他に、創エネ機器も導入しているということなのですが、創エネ機器にはいろいろなものがあり、太陽光蓄電池もその一つとなります。他にはエコウィルとかエコファーム、電気自動車などが創エネ機器として分類されています。太陽光発電設備とともに太陽光蓄電池の導入を考えている家庭は、二つ家庭に設置されればダブル発電という扱いとなります。もしも最初に太陽光発電装置だけが設置されていて、後から太陽光蓄電池も導入した場合には、太陽光蓄電池を導入した時からダブル発電とカウントされることになります。

 

ダブル発電だと、そうでない場合と比べて何が異なるのでしょうか?まず、家庭用発電設備では、家庭で使いきれなかった余剰電力を電力会社が買い取ってくれるという売電制度を10年間利用することができます。この時の売電単価が、ダブル発電とそうでない場合とでは異なります。ダブル発電ではない場合だと、売電単価は31円~33円と高めなのですが、ダブル発電の場合には25円~27円と少し低めの設定になっています。

 

このうち、発電量が10kwを超える大規模な設備の場合には、買取りを余剰電力を買い取ってもらうのか、それとも発電した分すべてを買い取ってもらうのかという点を選ぶことができ、売電期間も20年と長くなります。一般的には発電量が10kwを超える規模になると家庭用ではなくて産業用という扱いになることが多いので、買取りに関しても産業用と同じ扱いになると考えると良いでしょう。

 

これから太陽光初選設備以外に創エネ機器も取り入れようかなと検討している家庭にとっては、実際の所損なのかお得なのかという点を知りたいところではないでしょうか。太陽光蓄電池をはじめエネファームとかエコファームなどはすべて、投資という目的では利用できるコスパにはなっていません。初期費用はまだまだ高めですし、そこから売電収入を得られるというわけではないので、コストだけを考えるなら、ダブル発電にすることでコスト的には損をすると言えます。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら