太陽光蓄電池の容量というのは、充電式の電池でどのぐらいの電力を蓄電することができるかというもので、蓄電池の商品ごとに可能な容量は異なります。小型ものもあれば大型者も迄幅広くあり、容量が多くなればなるほど商品の購入価格も高くなります。少しでもたくさん電力を発電することができれば、蓄電池にたっぷりと充電でき、余った分は電力会社に買い取ってもらう事ができるので投資としては発電収入につながって良いかなと思いがちですが、必ずしも蓄電池の容量が大きい事は投資としてメリットがあるというわけではないので注意しなければいけません。

 

太陽光蓄電池を最初に設置する際には、まとまったコストがかかります。どのぐらいの発電量を求めるかによってかかるコストは異なるものの、コンパクトな家庭用のものでも300万円ぐらいはかかりますし、一般家庭用でも規模が大きくなれば500万円を超えることもあるでしょう。また、産業用になると何千万円という単位で初期費用が掛かることになります。消費する電力よりもはるかに多くの電力を発電した場合、電力会社が買い取ってくれるわけですが、買取単価は毎年少しずつ変動していて、安くなる傾向にあります。そのため、同じ発電力でも今年と10年後とでは発電収入に大きな差が出ることが予想されます。

 

また、投資として太陽光蓄電池を設置する場合には、どのぐらいで初期費用が回収できるのかも考慮した上で、どんな容量の太陽光蓄電池を選ぶのが良いのかを決めなければいけません。一般的には、その家庭で消費する電力容量をカバーできるような容量の太陽光蓄電池を選ぶのが理想的と言われていて、消費電力をカバーできる電力を発電するなら、電気代を無料に近い段階まで軽減することができますし、万が一過剰な電力が余った場合には、電力会社に買い取ってもらうという選択肢があり、売電量が少なければ買取単価が低くなってもそれほど大きなダメージを負うことはないでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池の容量と目安

太陽光蓄電池はたくさんのメーカーから多種多様な商品がラインナップされています。蓄電容量が大きければ、それだけ電力をたくさん貯めることができますが、使いきれないぐらいの電力を蓄電してもあまり意味がありませんし、設置する太陽光発電設備では発電しきれないぐらいの容量の蓄電池でも、あまり意味がありませんね。そのため、太陽光蓄電池の容量は、発電装置とのバランスを考えるとともに、その家庭でどんな風にどのぐらいの電力を蓄電池から使えるのかという点を考えたうえで決めることをおすすめします。

 

例えば、電力の消費量が多い家庭で、売電よりも電気代の節約を重視したいという場合には、太陽光蓄電池の容量は設置している発電装置から消費できる電力を差し引いた分ぐらいのサイズにすれば、発電した電力を売電せずに消費電力に回すことができるでしょう。そうすることによって、毎月の電気代をかなり大幅に節約することにつながります。また、大きめの発電装置を設置したけれど夜間の電力消費量分を発電電力でカバーしたいという場合には、夜間に消費する電力量分を蓄電できるサイズにするのがおすすめです。

 

具体的にどのぐらいの蓄電ができる太陽光蓄電池があるのかという点ですが、目安ととしては4kwh~9kwh程度が多くなっています。中には12kwhというkk型のものもありますが、これは大きめの発電設備を導入した家庭にオススメのサイズですね。太陽光蓄電池はそれぞれ、充電する際にかかる時間が異なりますが、蓄電容量が大きければ充電にも時間がかかるというわけでは必ずしもありません。京セラの蓄電池などは、充電時間はたったの2時間半でも容量は7.2kwhとたっぷり充電できます。一方、同じぐらいの容量を持つNEC製では、充電に8時間かかってしまいます。この充電時間中には電力を使うことができるのかどうかという点は、製品ごとに異なります。そうした含めて、業者に相談することをおすすめします。相談の際には、こちらの希望もある程度リストアップしていくと良いでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら