太陽光蓄電池の仕組みですが、まず住宅やビルの屋上や屋根などに設置されているソーラーパネルを使って太陽光から電力を発電させます。この部分は、太陽光発電設備と同じです。発電させたものを屋内で電力として消費すれば太陽光発電設備となりますし、蓄電池の中に貯蔵すれば太陽光蓄電池ということになります。蓄電池自体の素材には、コンパクトでたっぷり蓄電することができるリチウムイオン電池が利用されていることが多く、太陽光によって発電した電気をそこに貯蓄するというメカニズムで電力を確保することができます。

 

太陽光蓄電池は、蓄電池の中にどのぐらいの電力が蓄電されているのか、またその電力でどのぐらいの電力消費が可能なのかという点は、蓄電池システムと連携させることによって管理することができます。具体的には、蓄電池の充電状況はどうなっているのか、また電力の消費状況と蓄電池の残量なども合わせて管理することができるので、計画的な電力消費と電力管理ができるでしょう。

 

太陽光発電で気になる点は、もしも電力を消費する以上に発電した場合のことではないでしょうか。その場合、余剰電力は、電力会社が買い取ってくれる制度を利用することができます。蓄電池からあふれるほどに発電してしまった場合、電力会社が1kw当たりいくらという単価で電力を買い取ってくれるので、場合によっては発電収入を得ることにもつながります。産業における太陽光蓄電池の中には、発電収入を得るための投資という目的で設置する企業も多く、自然災害や停電の時には消費電力を供給してくれるという役割を果たしながら、発電収入を得ることによって利益につながるという一石二鳥の役割りも持っています。

 

太陽光蓄電池はたくさんのメーカーから多種多様な商品がラインナップされています。導入価格は発電効率、そして蓄電池の蓄電能力などを比較しながら、自分のニーズに合った商品を選びたいものです。タイナビNEXTなどの一括サイトを利用してかかるコストを比較しながら、賢く導入プランを立てたいものです。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池の仕組みとおすすめ品

一般的な太陽光発電設備では、太陽の光を受けて発電している時に電力を消費する時には、自家発電した電力~優先的に使うことができます。しかし、夜間には太陽光がないので発電することはできませんから、夜間の電力消費に関しては、電力会社から供給された電力を使うしかありません。しかし太陽光蓄電池を導入すれば、昼間に発電した電力を蓄電することができるので、自家発電ができない夜間の電力消費量として使うことができます。

 

太陽光蓄電池の仕組みを考えると、太陽光蓄電池は導入している太陽光発電設備の発電容量が小さい家庭や、昼間あまり電気を使わないけれど夜間によく使うという家庭におすすめということが分かりますね。例えば、昼間自宅にひとがいる家庭では、夏ならエアコンなどを使うので、昼間の電力消費量が多くなりますが、夜間は昼間ほど電力を消費しません。しかし冬になると暖房を使いますから、昼間よりも夜間の電力消費量が高くなる家庭が多くなります。蓄電池がないと、冬の夜間の電力は術で電力会社から買わなければいけないのです。しかし太陽光蓄電池があれば、昼間に発電した電力を貯めておき、夜間の電力消費に使うことができるので、とってもお得ということになります。

 

太陽光蓄電池は、基本的に時間帯を気にすることなく24時間いつでも使うことができるというメリットがあります。また、パワーコンディショナーと一体型になっているタイプなら、スペースを節約することもできるので、設置場所で悩んでいる家庭にはおすすめですね。

 

太陽光蓄電池にはたくさんのおすすめ商品がありますが、無駄なくコスパを考えて使うなら、その家庭でどのぐらいの電力を発電していて、どのぐらい蓄電するニーズがあるのかという点をよく考えながら、蓄電池の容量を決めるようにしましょう。施工業者に相談すれば、現在どんなふうに発電と消費のバランスが取れているのかという点を分析しながら、どんなタイプの太陽光蓄電池がおすすめなのかをアドバイスしてくれるでしょう。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら