太陽光蓄電池は、日本国内では多くのビジネスおよび一般家庭から注目されている電力確保の手段の一つで、特に東日本大震災で長期にわたって停電になってしまった地域では、多くの人が導入を検討していると言われています。太陽光蓄電池というのは分かりやすく言えば「巨大な電池」といったところでしょうか、太陽光を使うことによっって電気を発電し、それを利用して充電式の電池を充電するという仕組みで利用することができます。

 

何回でも充電しながら利用することができるというだけでなく、充電するためには太陽光という電気などが必要ない方法が採用されているため、自然災害や計画停電の時にはかなり役立つのではないかと期待されています。私たちがよく知っている電池はボタン電池などが多いのですが、これは使い切りタイプなので、充電しようとしても充電することはできません。こうした使い切りタイプの電池は一次電池と呼ばれていますが、太陽光蓄電池のように何回でも再利用が可能なタイプの電池は、二次電池と呼ばれて広く普及し始めています。

 

蓄電池にはいくつかの種類に分類できます。ニッケルとカドミウムを使用していることからニカド電池と呼ばれるタイプは500回位まで充電しながら利用できるのが特徴です。これはコードレス電話や非常照明、シェーバーなどに使われている電池となっていることが多いようです。また、ハイブリッドカーに搭載されているニッケル水素電池や、産業用で大量の電力を蓄電できるNAS電池、コンパクトで長時間使えるのが特徴のリチウムイオン電池など、多種多様なものがあります。太陽光蓄電池も、そうした種類の一つとなります。

 

太陽光蓄電池は、太陽光と蓄電池の技術をコラボさっせて開発された新しいタイプの二次電池で、現在では非常用の電源として商業施設やオフィスビルなどで広く利用されています。今後は一般家庭にも普及することが予想されていて、普及されれば停電時でも完全に生活が成立しなくなってしまう事態を避けることにもつながりそうですね。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】はこちら



太陽光蓄電池の特徴

太陽光発電では、太陽光を浴びてどんどん電機が発電されますが、家庭で消費していかなければ発電しても無駄が発生してしまいます。家庭用太陽光発電設備の場合には、最初の10年間は電力会社が余剰電力を買い取ってくれるので、無駄が出る心配はありませんが、10年を超えるとただ同然の価格での買取になってしまうため、できれば発電した電力はそのまま家庭で使いたいところですよね。

 

太陽光蓄電池とは、家庭で発電した電力を貯めることができる電池のようなもので、これがあると曇っていたり雨の日などで発電量が少ない時でも問題なく自家発電の電力を優先的に消費することができます。近年では、太陽光発電装置と一緒に蓄電池も導入する家庭が増えていて、災害時や停電時には大活躍してくれると口コミでも人気があるようですね。

 

太陽光蓄電池は、製品ごとに貯められる電気の量が異なります。限りなく貯め続けることができるというわけではありません。また、充電可能な電池と同じですが、太陽光蓄電池にも寿命があるので、ソーラーパネルのように一度導入すればかなり長期間にわたって使い続けられるというわけではありません。導入の際には、そうしたコスパや耐用年数の面も考えながら、ニーズを満たしてくれる商品を導入したいですね。

 

また、太陽光蓄電池はポータブルで持ち歩けるような大きさではありません。そのため、設置する際にはある程度のスペースが必要となります。そのスペースは、気温が高すぎたり低すぎたりする心配がないだけでなく、結露しない場所でなければいけないため、家庭によっては設置場所が見つからないということがあるかもしれません。そのため、導入を希望する人はまずは施工業者に相談しながら、どこにどのぐらいのスペースを確保できれば太陽光蓄電池を設置できるのかを考えると良いでしょう。導入することで電力会社から供給される電力を使うことが大幅に下がることが間違いない太陽光蓄電池は、注目されている設備なのです。

 

太陽光発電一括見積りサイト【タイナビ】公式サイトはこちら