太陽光発電マルトク導入ガイドについて

太陽光発電の仕組みや価格、メリット/デメリット等の基礎知識をはじめとして、耐用年数にメンテナンス費用、補助金制度の解説や今後についての将来性までも説明した太陽光発電専門情報サイトになっています。太陽光発導入前の参考にぜひご覧になってみてくださいね! 尚、産業用/家庭用/蓄電池と3つのカテゴリーにわけてコンテンツを内包/掲載していますので、目的のカテゴリーをお選びになりご覧くださいませ。

 

産業用太陽光発電とは

産業用太陽光発電というと大規模な工場や設備などをイメージする人が多いのですが、一般住宅以外の建物に設置する太陽光発電はすべて産業用太陽光発電と呼ばれています。最近では学校とかショッピング施設の屋上に太陽光発電のパネルが設置されている所が増えているので、多くの人によりなじみのあるのではないでしょうか。これは、太陽光線を利用して発電し、作り出した電気を優先的に消費するという仕組みとなっています。1日当たりどのぐらいの電気を作ることができるかという点については、その日の天候によって大きく異なりますが、晴天が多い地域では産業用太陽光発電を利用することによって、電気代の大幅な節約効果が期待できます。また、発電した分の電気を使わずに余ってしまった場合には、電力会社が余った分を買い取ってくれるので、収入につなげることもできるのです。

 

太陽光発電で作りだした電気が余ってしまい、電力会社に買い取ってもらうシステムは、余剰電力買取制度もしくはダブル発電・余剰買取制度のどちらが適用されます。住宅用の太陽光発電の場合には、余剰買取制度のみが適用となり、10年間という買い取り期間の上限はついていますが、1キロワットあたり31円という単価で買い取ってもらうことができます。産業用太陽光発電の場合には、発電機のシステムが10キロワット以上の大型発電機となり、買取単価は1キロワットあたり24円と住宅用と比べると少し低めになりますが、買い取ってもらえる期間が20年までと長いため、ビジネスによっては電気代を節約できるだけでなく、電気代で収入を得ることも可能です。

 

太陽光発電は、再生可能な太陽エネルギーを利用して発電を行うシステムで、地球にとってはとてもエコなのが特徴です。また、停電になった時でも太陽光発電機があれば普段通りに営業することができるという点も、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。たくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされている産業用太陽光発電は、一括比較が簡単にできるタイナビNEXTをぜひご利用ください。

 

産業用太陽光発電一括見積りサイト【タイナビNEXT】はこちら



Copyright (C) 2017 太陽光発電マルトク導入ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます